船橋の公園でセアカゴケグモ約50匹発見

船橋の公園で毒グモ50匹発見

 千葉県船橋市は13日、同市潮見町のふなばし三番瀬海浜公園で特定外来生物に指定されている毒グモ「セアカゴケグモ」が見つかったと発表した。

 市によると、12日に公園内にある売店の従事者が店舗裏の側溝でセアカゴケグモに似たクモを見つけ、公園を管理する職員が殺虫剤で駆除した。市保健所職員が同日、公園に赴き、駆除されたセアカゴケグモ約50匹と多数の卵を確認した。

 市保健所は「現場周辺のセアカゴケグモは全て駆除したと判断しているが、発見した場合、素手で触らないように」と注意を呼びかけている。同公園では3月29日にもセアカゴケグモが見つかっている。

関連記事(外部サイト)