攻撃受けたタンカー、都内の海運会社が借りる 乗組員フィリピン人21人避難

船襲撃 都内の海運会社運航

 東京都内の海運会社「国華産業」は、ホルムズ海峡で攻撃を受けたタンカーは、同社が運航する船と明らかにした。

 同社によると、タンカーはパナマにある同社の子会社が借りている。攻撃を受けたタンカーはサウジアラビアを出発し、シンガポールやタイなどに向けて荷物を運んでいた。日本時間の13日正午ごろと、午後3時ごろの2回襲撃を受けたという。

 国土交通省と同社によると、ホルムズ海峡で攻撃された船の乗組員はフィリピン人21人で、救命艇で全員避難し、全員無事。アラブ首長国連邦(UAE)に向かっている。邦人はいなかった。

 同省によると、ホルムズ海峡の攻撃では、ノルウェーの関係船も被害に遭ったとの情報がある。詳しい場所は不明という。

関連記事(外部サイト)