ピエール瀧被告に懲役1年6月、執行猶予3年の判決 裁判官が5分以上にわたる説諭

記事まとめ

  • ピエール瀧被告の判決公判が開かれ、懲役1年6月、執行猶予3年が言い渡された
  • 小野裕信裁判官は瀧被告に対し5分以上にわたる説諭を行い「人生」について問いかけた
  • 「人生」は瀧被告が所属する「電気グルーヴ」のインディーズ時代のバンド名だった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております