【京都アニメーション放火】爆燃現象と煙突効果で被害拡大か 建物スプリンクラーなし

記事まとめ

  • 京都アニメーションの放火事件では従業員ら33人が死亡、35人が負傷した
  • 「爆燃現象」や「煙突効果」により火の手が一気に回った可能性が指摘されている
  • 建物にスプリンクラーはなく、「設置義務を広げることを検討する必要がある」と専門家

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております