常磐道あおり運転 喜本容疑者「私はペーパードライバー」 ガラケーから事件時の写真

常磐道あおり運転 喜本容疑者「私はペーパードライバー」 ガラケーから事件時の写真

宮崎文夫容疑者(中央)

 茨城県守谷市の常磐自動車道でのあおり運転殴打事件で、宮崎文夫容疑者(43)=傷害容疑で逮捕=の車に同乗していた喜本奈津子容疑者(51)=犯人隠避容疑などで逮捕=が「ペーパードライバーなので運転はしていない」と供述していることが22日、捜査関係者への取材で分かった。

 また、喜本容疑者が事件時に撮影に使ったとみられる「ガラケー」を県警が調べたところ、当時の様子の写真を撮っていたことも判明した。動画の存在は確認されなかった。

 県警は、撮影の目的を調べるとともに、喜本容疑者が殴打を止めようとせず撮影をしていたことから、傷害幇助容疑での立件も視野に捜査している。

 喜本容疑者は、宮崎容疑者が指名手配中と知りながら、大阪市東住吉区の自宅マンションにかくまい食事を提供するなどしたとして逮捕された。

 捜査関係者によると、喜本容疑者は「(宮崎容疑者が)が外に出ると捕まると思い、コンビニエンスストアでご飯を買ってきてあげていた」と供述している。

 16日夜に宮崎容疑者が全国指名手配された時点には2人はこのマンションに潜伏していたとみられ、喜本容疑者は手配について「ネットニュースで知った」と供述しているという。

関連記事(外部サイト)