「自殺手伝う」池袋女性殺害の大学生 携帯電話解析で判明

「自殺手伝う」池袋女性殺害の大学生 携帯電話解析で判明

池袋遺体「殺してと頼まれ」

「自殺手伝う」池袋女性殺害の大学生 携帯電話解析で判明

警視庁池袋署に入る北島瑞樹容疑者=18日午後、東京都豊島区(古厩正樹撮影)

 東京都豊島区池袋のホテルの一室で12日、江東区の無職女性(36)が殺害された事件で、殺人容疑で逮捕された埼玉県入間市豊岡の大東文化大4年、北島瑞樹容疑者(22)が、SNSで自殺志願者を募る趣旨の投稿をしていたことが20日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁池袋署捜査本部は携帯電話の解析を進め、投稿の詳しい内容について調べている。

 捜査関係者によると、北島容疑者はツイッターでの女性とのやりとりを全て削除していたが、捜査本部が携帯電話を解析したところ、自殺を手伝うなどという趣旨のメッセージを送っていたことが判明。北島容疑者は調べに対し「女性から殺してほしいと頼まれた」と供述しているという。

 遺体は発見時、両足首がビニール製のひもで縛られ、手首には粘着テープが付着していた。布団圧縮袋のようなポリ袋に入れられた上、シーツでくるまれていた。12日午後8時半ごろ、ホテルから110番通報があり、事件が発覚した。

 遺体に目立った外傷が確認されておらず、争う声や大きな物音を聞いた人もいないという。北島容疑者は「手で首を絞めた」と供述しており、捜査本部が詳しい状況を調べている。

 捜査本部は19日、北島容疑者を送検した。

関連記事(外部サイト)