在留カード偽造容疑で中国人ら男3人逮捕 犯罪組織の偽装拠点か 警視庁

在留カード偽造で男3人逮捕

 在留カードを偽造したとして、警視庁組織犯罪対策1課などは、入管難民法違反容疑で中国籍の横浜市中区黄金町、無職、徐金涵(シュー・ジンハン)容疑者(26)ら男3人を再逮捕した。徐容疑者らは不法就労や失踪実習生、オーバーステイの外国人らの在留カードを偽造していたという。

 3人は調べに対し容疑を認め、徐容疑者は「カード1枚につき180元(約3千円)の報酬を受け取っていた」と供述。同課は、徐容疑者宅が、中国の偽造グループが国内に設けた拠点だったとみて調べている。

 同課によると、在留資格を持たない日本国内の外国人らに対し、偽造在留カードの販売を持ちかける専門業者のSNS(会員制交流サイト)があるという。徐容疑者らのグループはこれらの業者から発注を受けていたとみられる。

 徐容疑者らは中国にいる指示役からの要請に応じて自宅マンションの一室でカードを偽造し、不法就労の外国人にレターパックで郵送していた。

 依頼者の顔写真や個人情報などのデータは、指示役から中国の無料通信アプリ「微信(ウィーチャット)」で徐容疑者に送られており、徐容疑者宅から押収したパソコンには、依頼者とみられる延べ約4千人分の情報が記録されていた。

 同課は、偽造組織側が在留カードを中国で偽造して日本に持ち込んだ場合、税関などで摘発されるリスクがあるため、日本国内の徐容疑者宅を拠点に設定したとみている。

 カードの基材となるプラスチック板なども中国から配送されており、徐容疑者宅からは無地のカード約1900枚やベトナムや中国など10カ国の名義の偽造在留カード約310枚などが見つかった。

 3人の再逮捕容疑は9月18日ごろ、徐容疑者宅でベトナム人の在留カード3枚を偽造したとしている。同課は9月、偽造在留カードを所持した疑いで3人を逮捕していた。

関連記事(外部サイト)