元KAT−TUNメンバーと元女優に猶予判決 大麻取締法違反の罪

元KAT−TUNメンバーと元女優に猶予判決 大麻取締法違反の罪

東京地裁入りする田口淳之介被告=21日、東京都千代田区(塩浦孝明撮影)

 大麻取締法違反(所持)の罪に問われたアイドルグループ「KAT−TUN(カトゥーン)」の元メンバー、田口淳之介被告(33)と元女優、小嶺麗奈被告(39)の公判が21日、東京地裁で開かれた。長池健司裁判官は「反省し、治療が確保され、更生の可能性がある」としていずれも懲役6月、執行猶予2年の判決(求刑はいずれも懲役6月)を言い渡した。

 当初7月30日に判決が言い渡される予定だったが、検察側の請求で延期され、弁論を再開する決定が出ていた。検察側はこの日、関東信越厚生局麻薬取締部が捜索差し押さえをした際の映像をマスコミに提供したことから、手続きの適法性などを吟味する必要があったと理由を説明。その上で問題はなかったとした。

 弁護側はそれぞれ、判決が3カ月延期になったことを考慮して刑を決めるよう求めた。2被告も改めて意見陳述し、田口被告は「仕事の関係者やファンの方に迷惑をかけ深く申し訳なく思っている」と謝罪。小嶺被告は「温かい言葉をかけてくれる人に心を寄せ、前進していけたらと思う」などと述べた。

 判決によると、両被告は共謀して5月22日、東京都世田谷区の同居する自宅兼事務所のマンション一室で乾燥大麻約2・2グラムを所持した。

関連記事(外部サイト)