【織田信成氏提訴・詳報(1)】「諦めに近い感情」「学生によりよい環境を」 織田氏が会見開始

織田信成氏、大阪市内で記者会見 濱田美栄コーチに対し1100万円の損害賠償を求め提訴

記事まとめ

  • 織田信成氏がモラルハラスメント行為を受けた件で、大阪市内で記者会見を開いた
  • タレントとしても活躍する織田氏の注目度は高く、100人近くの報道関係者が駆けつけた
  • 織田氏「9月に監督を辞任したときは、諦めに近い感情があった」と話した

【織田信成氏提訴・詳報(1)】「諦めに近い感情」「学生によりよい環境を」 織田氏が会見開始

【織田信成氏提訴・詳報(1)】「諦めに近い感情」「学生によりよい環境を」 織田氏が会見開始

関大元スケート部監督の織田信成氏がハラスメント行為を受けたとして、関大の女性コーチを提訴。会見をする織田氏=18日、大阪市内(前川純一郎撮影)

 関西大アイススケート部の女性コーチからモラルハラスメント行為を受けたとして、9月まで同部監督を務めていたフィギュアスケートの2010年バンクーバー冬季五輪男子代表、織田信成氏(32)が18日、慰謝料など1100万円の損害賠償を求めて大阪地裁に提訴し、同日午後2時から大阪市内で記者会見した。会見の詳細は次の通り。

     ◇

 《タレントとしても活躍する織田氏への注目度は高く、100人近くの報道関係者が駆けつけた記者会見の会場は満席に。約20台のテレビカメラが並ぶ中、スーツ姿の織田氏が弁護士とともに会場へ姿を見せた》

 服部真尚弁護士「(織田氏は)浜田コーチによる数々のハラスメント行為を受け、そのような状況の中で提訴に至った」

 《午後2時、代理人を務める服部真尚弁護士が訴訟に至る経緯を説明。この日は浜田コーチに対する提訴のほか、関大に対してもハラスメントの防止に関するガイドラインにもとづき、調査や織田氏の救済措置を講じるよう求めたことを明かした。その後、織田氏が発言した》

 織田氏「9月に監督を辞任したときは、諦めに近い感情があった。大学側に実態調査を依頼したが、弁護士によると、大学は調査を行っていなかった」

 《訴状によると、コーチは浜田美栄氏(60)。紀平梨花選手(17)ら、女子のトップクラスの選手を育てた指導者として知られている。織田氏は監督就任前から浜田氏によるハラスメント行為を受けていたと主張している》

 織田氏「大学側はハラスメントはなかったという説明をした。また、学長が『この件を公にするなら、私と浜田コーチの両方に辞めてもらう』と説明された。大学側にこの問題を明らかにする意志がないと判断し、提訴した」

 《織田氏は水を飲み、深呼吸をしてから発言し直した》

 織田氏「リンクで練習する学生や選手が、よりよい環境で練習できるようにと思い、今回の提訴に踏み切った」

 《緊張した表情の織田氏。続いて質疑応答が始まった》

関連記事(外部サイト)