【大阪不明女児保護】誘拐被害の女児が母親と再会、抱き合い涙

【大阪不明女児保護】誘拐被害の女児が母親と再会、抱き合い涙

小6保護 母親と抱き合い涙

【大阪不明女児保護】誘拐被害の女児が母親と再会、抱き合い涙

栃木県警小山署から出る伊藤仁士容疑者を乗せた車=24日午前、栃木県小山市(鴨川一也撮影)

 大阪市住吉区で行方不明となり栃木県小山市で保護された小学6年の女児(12)が24日午前、大阪府内で母親と7日ぶりに再会した。関係者への取材で分かった。

 関係者によると、2人は大阪府内の警察施設で再会。17日に女児が行方不明となってから、7日ぶりに顔を合わせた2人は、抱き合って喜び、お互い声にならないほど泣いたという。

 女児は23日、未成年者誘拐容疑で逮捕された伊藤仁士容疑者(35)の自宅から逃走。同日午後1時半ごろ、栃木県小山市の交番に自ら駆け込んで保護されていた。

関連記事(外部サイト)