「ミスがミスを呼んだ」野田小4女児虐待死事件 千葉県検証委が知事に報告書提出 一時保護解除「不適切」

「ミスがミスを呼んだ」野田小4女児虐待死事件 千葉県検証委が知事に報告書提出 一時保護解除「不適切」

野田市立小4年の栗原心愛さんが死亡した事件の報告書を検証委員会の川崎二三彦委員長から受け取る千葉県の森田健作知事(右)=25日、千葉市中央区の千葉県庁(永田岳彦撮影)

 千葉県野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さん=当時(10)の虐待死事件をめぐり、県柏児童相談所などの対応を調査してきた県検証委員会は25日、森田健作知事に報告書を提出した。報告書は、平成29年11月に心愛さんが小学校のアンケートで「お父さんにぼう力を受けています」と訴え、児相が心愛さんを一時保護したが、同年12月に祖父母宅での生活を条件に解除したことを「不適切」と非難。一連の経過を「ミスがミスを呼び、漫然と推移した末に痛ましい結果を招いた」と強く批判した。

 報告書は、一時保護中に心愛さんが面談した医師に父親の勇一郎被告(41)=傷害致死罪などで起訴=から突然ズボンを下ろされたことや、口と鼻を手で押さえられたことなどを告白した点に注目。医師が心的外傷後ストレス障害(PTSD)の所見を出して、家族との同居は困難と指摘したにもかかわらず、児相が一時保護を解除したことを問題視した。

 また、30年2月の家庭訪問で父親の勇一郎被告(41)=傷害致死罪などで起訴=が示した「お父さんに叩かれたのはうそです」という心愛さんが書いたとする手紙についても言及。同年3月の面談で心愛さんが「書かされた」といっていることを「心理的虐待ととらえるべき」と指摘した。その上で、再度の一時保護の検討など「安全確保の具体策を検討すべきだった」と非難した。

 野田市への転入に際しても、勇一郎被告から母親(32)=傷害幇助(ほうじょ)罪で有罪=へのドメスティックバイオレンス(DV)をうかがわせる情報を把握しながら、十分な支援や積極的な対応が行われなかったことも問題点として指摘した。

 報告書は、今年2月以降関係者へのヒアリングなど計10回の委員会と、5〜6月に千葉地裁で行われた母親の裁判の傍聴を基に作成した。ただ、勇一郎被告の公判で新事実が出た場合、追加で検証を行うこともあるとしている。

関連記事(外部サイト)