警視庁科捜研で窓ガラス割れる、装置からヘリウム噴出か けが人なし

警視庁科捜研ヘリウム事故か

 25日午前7時25分ごろ、東京都千代田区霞が関の警察総合庁舎7階の警視庁科学捜査研究所の一室で、爆発音がして窓ガラスが割れる事故があった。同庁によると、室内の分析装置に充填されていた液体ヘリウムが一気に気化して噴出したとみられ、近くの観音開き式の窓ガラス1組が割れた。当時室内は無人で、ガラスの破片が歩道に落下したが、けが人や証拠品の破損などはなかった。

 分析装置は危険ドラッグなどの未知の化合物を鑑定するためのもので、事故当時は使用されていなかった。ヘリウムは装置の側面から噴出していたといい、同庁では故障の可能性もあるとみて、詳しい事故原因を調べている。

関連記事(外部サイト)