震災身元不明遺体、宮城県石巻市の女性と判明

 宮城県警は26日、同県石巻市で発見された遺体が東日本大震災で犠牲になった同市門脇町の無職、近藤あさのさん=被災当時(65)=と判明したと発表した。入れ歯や骨の状況などから判明したという。

 県警によると、遺体は平成23年5月15日に近藤さんの自宅近くのがれきの中から発見された。遺体の状況などから津波にのまれた後に火災に巻き込まれたとみられる。

 近藤さんは一人暮らしで、行方不明届は出されていなかったが、県警が遺体発見場所付近の住民や、遺体の入れ歯の技工士などを調査。また、遺骨には近藤さんの持病にみられる特徴があり、県警が近藤さんと特定した。

 近藤さんの身元判明によって県内の震災身元不明遺体は8体となった。近藤さんの遺体は29日に同市内で遺族に引き渡される。

関連記事(外部サイト)