火災で発見の遺体に刺し傷 奈良・橿原のアパート

火災で発見の遺体に刺し傷

 奈良県橿原市栄和町の2階建てアパートで25日未明、2階の5部屋計約200平方メートルが焼ける火災があり、県警橿原署は26日、火元の部屋から見つかった遺体の首に刺し傷が1カ所あったと発表した。

 同署によると、部屋には会社員の竹株脩さん(20)が1人で住んでいたが、火災後は連絡が取れていないという。同署は遺体の身元特定を急ぐとともに、自殺と事件の両面で調べている。

 消防に火災の通報があったのは25日午前4時20分ごろ。司法解剖の結果、遺体の死亡推定時刻は同日午前4時ごろで、死因は焼死だった。

関連記事(外部サイト)