田代まさし容疑者を再逮捕、覚醒剤使用容疑「間違いありません」

 宮城県警塩釜署は27日、2件の覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕した元タレントの田代まさし(本名・政)容疑者(63)=東京都杉並区=を同法違反(使用)の疑いで再逮捕した。調べに対し「間違いありません」と容疑を認めている。

 再逮捕容疑は今年10月下旬から11月6日までの間、東京都内やその周辺で覚醒剤を使用したとしている。同署によると、田代容疑者は薬物依存者の回復を支援する「日本ダルク」の職員として活動していたが、「ダルクはすでに退会している」と供述しているという。

 田代容疑者は今年8月に同県塩釜市内のホテルで、今月6日には同区の自宅マンション敷地内でそれぞれ覚醒剤を所持したとして逮捕されていた。同署によると、逮捕直後は「私のものではない」などと容疑を否認していたが、その後の尿検査で覚醒剤の陽性反応が出た。県警は今後、覚醒剤の入手ルートを追及する。

 一方、仙台地検は同日、自宅マンション敷地での覚醒剤所持について、田代容疑者を覚せい剤取締法違反(所持)罪で起訴。塩釜市のホテルでの所持については不起訴とした。

関連記事(外部サイト)