コンビニ強盗未遂の疑い 契約社員の男を逮捕 神奈川県警

 コンビニエンスストアの店員を脅し、現金を奪おうとしたとして、神奈川県警は28日、強盗未遂の疑いで相模原市中央区矢部の契約社員、浦虎太郎容疑者(25)を逮捕した。容疑を認めている。

 逮捕容疑は9月25日午前5時5分ごろ、同区相模原のコンビニに押し入り、アルバイト店員の男性(47)に包丁を突き付け、「カネを出せ」と脅迫したとしている。

 県警によると、男性はすぐにバックヤードに避難し、浦容疑者は何も取らずに逃走した。店内の防犯カメラに浦容疑者の姿が写っていたため、県警は公開捜査を実施。これまでに9件情報提供があり、うち3件が浦容疑者に関するものだった。3件とも、浦容疑者の元職場の同僚からの連絡だったという。

関連記事(外部サイト)