マンションに発砲、稲川会系総長ら逮捕 報復か 警視庁

 指定暴力団住吉会系の組事務所がある東京都新宿区のマンションに発砲し、シャッターなどを壊したとして、警視庁組織犯罪対策4課は、銃刀法違反などの疑いで、指定暴力団稲川会系堀井一家総長、菅谷等容疑者(56)や稲川会系組員ら男8人を逮捕した。同課は認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は平成28年12月20日、新宿区大久保のマンション1階の運送会社営業所に向けて銃弾3発を発射し、シャッターなどを壊したなどとしている。

 発砲事件の直前には、暴行を受けた別の稲川会系組長=当時(58)=が神奈川県伊勢原市の病院玄関前に放置されて死亡する事件が発生しており、同課は報復目的だった疑いがあるとみて調べている。

関連記事(外部サイト)