元交際相手の少女を自宅に宿泊させ、建設作業員の33歳男を逮捕「朝まで家にいた」

記事まとめ

  • 元交際相手の10代後半の少女を自宅に宿泊させたとして、建設作業員の33歳男を逮捕
  • 容疑は自宅前で「上に上がろうや」と少女を宿泊させ、親に無断で誘拐したとしている
  • 男と少女は以前交際していて、「未成年と知っていた。」と容疑を認めているという

元交際相手の10代後半少女を自宅に 未成年者誘拐容疑で男逮捕

 元交際相手の10代後半の少女を自宅に宿泊させたとして、大阪府警岸和田署は1日、未成年者誘拐容疑で大阪府岸和田市の建設作業員の男(33)を現行犯逮捕した。男は「未成年と知っていた。朝まで家にいた」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は同日午前1時ごろ、自宅前で「上に上がろうや」と誘惑して府内の少女を宿泊させ、親に無断で誘拐したとしている。

 同署によると、男と少女は以前交際していたが最近になって別れたという。少女の友人が1日未明に同署を訪れ、「SNSが既読にならない」などと相談して発覚。同署が詳しい経緯を調べている。

関連記事(外部サイト)