群馬・関越道で逆走車両が正面衝突 運転の80歳男性が死亡

関越道逆走し衝突 80代死亡

 1日午後2時半ごろ、群馬県渋川市赤城町の関越自動車道下り線で「軽乗用車が逆走し、乗用車と衝突した」と119番通報があった。

 県警によると、近くの無職、津久井豊さん(80)の軽乗用車が関越道を逆走し、同県沼田市西原新町の会社役員、朴万石さん(74)の乗用車と正面衝突したという。搬送先の病院で津久井さんの死亡が確認され、朴さんは重傷、乗用車に同乗していた妻(72)は軽傷だった。県警と消防が詳しい状況を調べている。

 この事故で、関越道下り線の赤城IC−昭和IC間で一時通行止めになった。

関連記事(外部サイト)