ジャパンディスプレイ(JDI)元幹部死亡、自殺か 5億円超着服したとして解雇され告訴

記事まとめ

  • ジャパンディスプレイ(JDI)の元経理担当幹部が会社資金を着服していたとされる問題
  • 捜査関係者によると、元幹部は都内で自殺を図り、病院に搬送され、その後死亡した
  • 着服と別に元幹部が当時の経営陣の指示と主張する「不適切な会計処理」も調査していた

JDI元幹部が死亡 自殺か 5億円超着服したとして告訴

 経営再建中の中小型液晶パネル大手のジャパンディスプレイ(JDI)の元経理担当幹部が巨額の会社資金を着服していたとされる問題で、元幹部が東京都内で死亡していたことが1日、捜査関係者への取材で分かった。捜査関係者によると、元幹部は数日前に都内で自殺を図ったとみられ、病院に搬送された後に死亡したという。

 JDIによると、元幹部は架空取引で会社の資金を別会社の口座に不正送金したり、収入印紙を換金したりする手口で、昨年10月までの約4年間に計約5億7800万円を着服したとされる。昨年10月に別の社員からの内部通報で発覚した。社内調査に対し、着服した資金はギャンブルなどに使ったと話していたという。

 JDIは先月、元幹部側から着服とは別に「過年度決算で不適切な会計処理を行っていた」との通知を受け取ったと発表。元幹部は当時の経営陣からの指示だったと主張しており、内部調査を始めていた。

 JDIは元幹部を昨年12月に懲戒解雇し、今年8月に業務上横領罪で警視庁に刑事告訴していた。

関連記事(外部サイト)