13年前の川崎通り魔殺人 検察側が無期懲役求刑 横浜地裁

 川崎市宮前区のトンネルで平成18年9月、近くに住むアルバイトの黒沼由理さん=当時(27)=が刺殺された通り魔事件で、殺人罪に問われた無職、鈴木洋一(ひろかず)被告(39)の裁判員裁判の論告求刑公判が2日、横浜地裁(景山太郎裁判長)で開かれ、検察側は無期懲役を求刑した。

 論告で検察側は「ストレス解消のため、『好みの女性の苦しむ顔が見たい』という身勝手な理由から起こした犯行」と厳しく指弾。「被告人に有利な事情を考慮しても極めて悪質で、再犯の危険性も大きい」と求刑の理由を説明した。

 起訴状などによると、鈴木被告は同年9月23日、同区梶ケ谷のトンネル内で、帰宅途中の黒沼さんの胸部や腹部を刃物で刺して、殺害したとしている。

 事件をめぐっては、28年1月、別の事件で服役していた鈴木被告から殺害をほのめかす内容のはがきが神奈川県警に届いた。その後、殺害方法に関する説明と遺体の状況が一致したことなどから29年10月に逮捕。鑑定留置を経て、昨年3月に横浜地検が起訴した。

関連記事(外部サイト)