茨城県内の台風19号避難所が全て閉鎖

茨城県内の台風19号避難所が全て閉鎖

水戸市飯富町に設置されていた避難所。プライバシーを考慮して間仕切りのテントが設置され、企業からの寄付の食料などがあった=10月15日午後、同市(永井大輔撮影)

 茨城県災害対策本部は2日、台風19号の被災者向けの県内の避難所を同日付で全て閉鎖したと発表した。最後まで残っていた水戸市の避難所が同日午前10時に閉鎖となった。

 県内の避難所には、ピーク時の10月13日には約2万1800人が避難していた。

関連記事(外部サイト)