文科省前統括官に有罪判決 高級クラブ接待は「便宜への謝礼」

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の業務をめぐり、計約150万円相当の飲食接待などを受けたとして、収賄罪に問われた文部科学省前国際統括官、川端和明被告(58)=休職中=の判決公判が4日、東京地裁で開かれた。西野吾一裁判長は「幹部官僚の自覚を著しく欠き、国民の信頼を大きく損なった」として懲役1年6月、執行猶予3年、追徴金約154万5千円(求刑懲役1年6月、追徴金約154万5千円)を言い渡した。

 川端被告は初公判で、接待を受けたことを認める一方、「飲食の提供を受けて職務を曲げた事実は一切ない」と述べていた。

 判決は、コンサルタント会社元役員の谷口浩司被告(48)=贈賄罪などで起訴=から受けた高級クラブなどでの接待は「私的な交友関係の範囲を逸脱している」と指摘。実際に、川端被告は谷口被告の会社に有利になるよう、宇宙飛行士派遣や人工衛星利用などの事業で便宜を図っており「接待は便宜への謝礼であることが明確」として、川端被告の主張を退けた。

 判決によると、川端被告は出向先のJAXA理事を務めた平成27〜29年、東京医科大で開かれた式典に宇宙飛行士の派遣を支援したことなどの謝礼として、谷口被告から飲食店や高級クラブで計21回にわたる接待を受け、タクシーチケットの提供も受けた。

 判決を受け、JAXAは「役職員に対するコンプライアンス順守を徹底する」などとコメントした。

関連記事(外部サイト)