死亡の3歳児は口から出血…数日前もけが 容疑者、溺死偽装か

 東京都江東区豊洲のマンションで9月、同居していた交際相手の長男=当時(3)=を暴行死させたとして、会社員の渡辺雄二容疑者(34)が傷害致死容疑で逮捕された事件で、男児は救急搬送時に口から出血、数日前にも口にけがを負っていたことが4日、捜査関係者への取材で分かった。

 救急隊の到着時、髪や体がぬれた状態で脱衣所におり、肺の中に若干の水が入っていたとみられることも判明。警視庁捜査1課は渡辺容疑者が暴行を加えた後、入浴中の溺死を装った可能性があるとみて捜査している。

 捜査関係者によると、男児は救急搬送時に口から出血しており、舌をかんだような傷があった。数日前には唇の内側をけがした写真を渡辺容疑者が男児の母親に無料通信アプリ「LINE(ライン)」で送信し、「転んでしまった」などと伝えていたという。

 死因は司法解剖の結果、内臓損傷による失血死。腹部に打撃を受けており、頭頂部からの出血も確認された。渡辺容疑者は9月28日午後、自ら119番通報して「目を離した隙に風呂の中でうつぶせの状態で浮いていた」などとし、「心臓マッサージをした」と説明したという。

関連記事(外部サイト)