群馬・金子県議が接触事故 歩行者の91歳女性が重傷

県議が接触事故91歳女性重傷

 6日午前10時50分ごろ、群馬県渋川市渋川の県道沿いにある菓子店の駐車場からバックして出ようとした金子渡県議(49)=同市石原=の乗用車が歩道を歩いていた同市渋川の無職、小原稠子(しげこ)さん(91)と接触した。

 金子氏は自ら小原さんを車で病院に運び、県警渋川署に通報。小原さんは恥骨を折る重傷を負った。

 同署によると、金子氏は私用で運転し、帰宅途中だったという。同署が原因を調べている。金子氏は、産経新聞の取材に「後方確認が不十分だった。相手の方に痛い思いをさせて申し訳ない」と話した。

 金子氏は渋川市議を経て、平成23年4月の県議選渋川市区(定数2)で初当選。現在3期目。

関連記事(外部サイト)