東京都内の交通事故死も戦後最少更新、133人

都内の交通事故死も過去最少

 昨年1年間の都内の交通事故死者数は平成30年と比べて10人減の133人となり、2年連続で戦後最少を更新したことが6日、警視庁のまとめで分かった。警視庁は道路横断中の歩行者の安全確認などに啓発活動を強化しており、「一定の成果が出た」(交通総務課)としている。

 死者数の内訳は状態別で歩行中が30年比3人減の57人で最も多く、全体の42・9%を占めた。次いで自転車乗車中が9人増の34人(25・6%)、二輪車乗車中が16人減の28人(21・1%)と続いた。

 年齢別では、65歳以上の高齢者が5人減の55人(41・4%)と最多。50代が4人増の25人(18・8%)に上った。中学生以下の子供は4人減の1人(0・8%)だった。飲酒運転による死亡事故は9件減り、1件に留まった。

 都内での交通事故死者数は減少傾向にあり、これまで戦後最少だったのは30年の143人。最も多かったのは昭和35年の1179人となっている。

 一方、昨年の事故件数(概数値)は平成30年比2095件減の3万513件、負傷者数(同)は2605人減の3万4721人でいずれも減少した。

関連記事(外部サイト)