【相模原45人殺傷初公判】被告不在で公判再開

 障害者施設「津久井やまゆり園」で平成28年、入所者ら45人を殺傷したなどとして殺人罪などに問われた元職員、植松聖被告(29)の初公判が8日午後1時20分過ぎに横浜地裁で再開した。午前中の審理で暴れた植松被告は出廷しなかった。

関連記事(外部サイト)