【相模原45人殺傷初公判・詳報(2)】犯行体力づくりにムエタイ、整形し準備 検察「行動統制、責任能力ある」

 《相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で平成28年、入所者19人が刺殺され、職員を含む26人が重軽傷を負った事件で、殺人罪などに問われた元職員、植松聖(さとし)被告(29)の裁判員裁判の初公判が午後1時20分ごろに再開した》

 《午前の審理は植松被告が暴れ、開始15分で休廷となった。午後の審理は植松被告が不在のままで検察側の冒頭陳述が始まった》

 《まず検察官は植松被告がやまゆり園に侵入し、意思疎通のできない障害者を殺害しようと考え、43人を突き刺すなどして19人を殺害し、24人にけがを負わせたなどと事案の概要を述べた。その上で、こうした事実関係には争いがないとした。事件ではほかに職員2人が負傷している》

 検察官「争点は犯行時における責任能力の有無や程度です。責任能力があったかなかったか、あった場合、どの程度であったのか」

 《こう述べると、検察官は次に、植松被告が犯行に至った経緯や犯行状況の説明を始めた》

 検察官「平成24年12月、被告人はやまゆり園で働き始めました。障害者を『かわいい』と感じ、友人にもそのように話していました」

 《しかし、勤務を続けるうち、「意思疎通のできない障害者は不幸を生み出すので要らない」という考えを持つようになり、さらに、世界情勢などに興味を持ったことから「意思疎通のできない障害者は殺した方がよい。殺す」と考えるようになったとした》

 《植松被告はその後、議長公邸を訪問。(施設襲撃を予告する)手紙を渡し、やまゆり園を退職。措置入院することになった。28年3月に措置入院が解除されると、障害者を殺害する計画を立てたという。検察官は淡々と計画の概要を説明する》

 検察官「職員が少ない夜間に犯行を実行する。職員を拘束し、職員に確認しながら意思疎通のできない障害者を包丁などで殺害する。犯行後は警察へ出頭する」

 検察官「(職員拘束に体力が必要と考え)ムエタイのジムを利用し、報道された際に信用してもらうには見た目が良い方がよいと考え、美容整形をしました」

 《28年7月25日に大麻を使用し、自宅から柳刃包丁など5本の刃物を持ち出した。翌26日に車でやまゆり園へ向かう、午前1時37分頃、やまゆり園の近くの民家の前に車を止め、住民と他愛もない会話をした》

 検察官「(この時の)会話はかみ合っていました」

 《1時43分頃、やまゆり園へ侵入し、職員5人を脅したり拘束したりした後、意思疎通のできない障害者を確認して殺害。最初は心臓付近を狙うため胸を刺したが、骨に当たって包丁が折れるなどしたため、首を刺した。6人目の職員の拘束に失敗すると、手当たり次第に障害者を刺して逃走した》

 《犯行の状況の説明を終えると検察官は、弁護側が植松被告の犯行当時の精神状態を「心神喪失か心神耗弱であり、責任能力が失われていたか、減退していた」としていることについて言及。責任能力があるとは、被告人が犯罪を行ったことに対して責任を問うことができる場合で、(1)善悪を判断する能力、(2)(1)の判断に従って行動をコントロールする能力を指す−といい、一方または双方が著しく低い場合には「心神耗弱」、双方または一方がない場合には「心神喪失」と説明していった》

 検察官「検察は、完全なる責任能力があったと主張します」

 《検察官は植松被告にパーソナリティー障害や大麻使用障害があったとした上で、さらに次のように強調した》

 検察官「施設での勤務経験や世界情勢を踏まえて被告人の考えが形成された。正常心理の範囲内で、単なる特殊な考え方であると主張します」

 《弁護側が主張するとみられる大麻精神病の影響については、検察官は「大麻使用の影響により、犯行の決意が強まったり、犯行の時期が早まったにすぎない」とした》

 検察官「犯行は被告人個人の特異な考えに基づき行われたもので、行動は統制されており、大麻使用による気分などへの影響は大きくなかった」

 《植松被告が不在の中、静まり返る廷内には終始、検察官の明瞭な声が響いていた》

関連記事(外部サイト)