パトカー追跡のオートバイが事故、男性死亡 大阪

 13日午前3時半ごろ、大阪府寝屋川市池田北町の国道1号交差点で、オートバイと軽乗用車が出合い頭に衝突した。オートバイは転倒し、運転手の男性は死亡。車を運転していた高槻市の男性(50)も全身打撲のけがをした。

 大阪府警寝屋川署によると、同府枚方市南中振で、速度超過で走行中のオートバイをパトカーが発見。オートバイに停止を求めたが逃走したため、パトカーは追跡を開始した。その後約1・3キロ先で、オートバイが赤信号で交差点に進入し車と衝突したという。同署は事故の原因などを詳しく調べている。

 同署の暁和彦副署長は「追跡行為は適正だったと考えているが、亡くなられたことは残念」とコメントした。

関連記事(外部サイト)