【阪神大震災】被災地癒やした「ぬくもり」今こそ NHKドラマが描く安克昌医師の生涯

【阪神大震災】被災地癒やした「ぬくもり」今こそ NHKドラマが描く安克昌医師の生涯

安克昌(あん・かつまさ)氏(2000年12月4日撮影)

 阪神大震災の発生直後から被災者の心のケアに当たり、平成12年に39歳で亡くなった精神科医、安克昌(あん・かつまさ)医師をモデルにしたNHK土曜ドラマ「心の傷を癒(いや)すということ」が18日に始まる(全4回、午後9時〜)。一般的な「復興ドラマ」とは一線を画し、安医師の生涯そのものを描く。そこには、震災を「直視できなかった」「体験していない」「覚えていない」という三者三様の制作スタッフらが気付いた「今、伝えたいメッセージ」が込められている。(渡部圭介)

 安医師は震災直後から産経新聞夕刊で被災地の精神的な問題について連載「被災地のカルテ」を執筆し、心のケアの先駆けをなした。

 「安さんの生き方に触れ、被災した故郷に向き合う力を、改めてもらいました」。こう話すのはプロデューサー、京田光広さん。「震災を直視できなかった」一人だ。

 京田さんは神戸市出身。実家が半壊した。当時、自身は東京で勤務。使命感から現地取材班の一員として神戸に戻り、取材に没頭した。

 寝る間を惜しんで取材し、3日ほどたった頃、突然、虚無感に襲われた。「俺、何やっているんだろう?」

 家族が被災し、故郷が悲しみに包まれるなか、取材する意味は何なのか。それが被災者の助けになっているのか…。自問自答を繰り返した。その後、大阪へ異動したが、被災地取材をためらい、震災に関わる番組にも目を向けられなくなったという。

 だが、東日本大震災の後、連載をもとにした安医師の著書「心の傷を癒すということ」に出合った。自ら被災しながらも被災者の心を思い、寄り添い続けた安医師の姿に、「自分も故郷を覆った悲しみに、もう一度しっかりと向き合ってみよう」と決意した。

 当初は安医師のドキュメンタリー番組を制作しようと考えたが、ユニークであたたかい人柄や、芯の強さ、在日コリアン家庭に生まれた生い立ちを知り、「出自に反問しながら生き方を見つけ、医師の道を開いていった。ドキュメンタリーでは描ききれない」と感じた。その人間性の大きさをドラマとして表現しようと考えたという。

 「逃げずに乗り越えて進んだ安さんの人生は、今も傷を抱えている人の力となる。その優しさが社会に広がってほしい」

 一方、震災を知らない人たちもドラマと関わった。

 宮崎県出身のプロデューサー、堀之内礼二郎さんは、震災を体験していない立場から、今回のドラマを「制作する意味」をつかみきれず、考え込んだという。

 しかし、撮影前に安医師の妻に話を聞いたときのこと。自分と幼い子供たち、おなかにいた赤ちゃんのことを案じていた病気の夫の気持ちに改めて気付くにつれ、夫の死を少しずつ受け入れられるようになっていったことを知った。「心の傷の回復には時間がかかり、社会が見守る必要がある。災害ドラマで大切なのは、心の傷が癒えない人たちに『忘れていないよ』という社会のぬくもりを伝えることではないか」と気付かされた。

 安医師がモデルの主人公を演じる俳優、柄本佑(たすく)さんも、当時8歳で記憶にはないが、主人公が「心のケアって何か、分かった」と語った後に続く「誰もひとりぼっちにさせへん、てことや」というせりふに心が打たれた。

 震災から25年。ドラマのスタッフや出演者らは、「人が持っているぬくもりを伝えよう」と立ち上がった。それは、社会に向けた普遍的なメッセージでもある。

 京田さんは「安さんが伝えたかったことは、人間に対する深い愛情の大切さ。今の時代にこそ届けたい」と話している。

 安克昌(あん・かつまさ)医師 昭和35年、大阪市出身。神戸大学医学部精神神経科の助手だったときに阪神大震災に遭遇。疲労感や生き残った罪悪感に苦しむ被災者の内面に光を当て続けた。本紙の連載をもとにした著書「心の傷を癒すということ」は平成8年、サントリー学芸賞を受賞。その後末期がんが判明し、12年に39歳で死去した。3人目の子供が生まれた2日後だった。

 NHKドラマ「心の傷を癒すということ」のプロデューサーらを招き、本紙の連載担当者だった河村直哉論説委員を交えたトークイベントを行います。

 【日時】1月25日(土)午後2時〜3時半

 【会場】産経新聞大阪本社(大阪市浪速区湊町2の1の57)

 【参加予定者】プロデューサー・京田光広氏、堀之内礼二郎氏、演出・安達もじり氏、河村直哉

 【参加費】1200円

 【申し込み、問い合わせ】ウェーブ産経事務局(06・6633・9087、平日午前10時〜午後5時)

関連記事(外部サイト)