中学校に刃物女、逃走中 千葉・流山

千葉の中学校に刃物女が侵入

 14日午前6時45分ごろ、千葉県流山市立常盤松中学に、刃物を持った女が侵入し、声をかけた20代の男性教員に刃物を振りかざした。教員にけがはなかったが、女は逃走している。県警流山署は建造物侵入、暴行事件とみて、逃げた女の行方を追っている。

 同署や市教育委員会によると、教員が外の非常階段につながる校舎2階の化学室のドアを開けると、非常階段の1、2階の間の踊り場に女がいた。「どうしたんですか」と声をかけると、女が階段を上り、持っていた刃物を振りかざしたという。女はそのまま階段を降り、行方が分からなくなった。

 女は20代くらいで、身長約150〜160センチの中肉。黒の上着に青のズボン姿で、黒いリュックを持っていたという。

関連記事(外部サイト)