ダークウェブに児童ポルノ 日本語版サイト管理者の男逮捕

ダークウェブに児童ポルノ 日本語版サイト管理者の男逮捕

大阪府警本部

 通常の検索ではたどり着けない匿名性の高いインターネット空間「ダークウェブ」に児童ポルノ画像を投稿したとして、大阪府警サイバー犯罪対策課は16日、児童買春・ポルノ禁止法違反(公然陳列)の疑いで、和歌山県内の医療機関で事務職を務める地方公務員の男(32)=和歌山市=を逮捕した。「愛好者に閲覧させるため投稿していたことに間違いない」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は昨年8月、ダークウェブ上にある16カ国語対応の児童ポルノ掲示板サイトに、女児の裸が写った動画や画像計4点のURLを投稿し、不特定多数に閲覧できるようにしたとしている。

 同課によると、男はこのサイトの日本語版の管理者。サイトは昨年2月に設立され、世界中で約5千万回閲覧されている。

 サイト内での動画などのやりとりは無償で行われているため、送金先などから利用者を割り出すことができず、これまで摘発を逃れてきたとみられる。

 同課は昨年8月にサイトを発見。通常のインターネット上に残る断片的な痕跡をたどり、日本語版管理者の特定を進めていた。

関連記事(外部サイト)