感染者と「嘘」つきライブに参加 容疑の30歳男を逮捕 警視庁

感染者と「嘘」つきライブに参加 容疑の30歳男を逮捕 警視庁

感染と嘘つき公演参加で逮捕

感染者と「嘘」つきライブに参加 容疑の30歳男を逮捕 警視庁

警視庁=東京都千代田区

 新型コロナウイルスに感染していたとSNS(会員制交流サイト)に嘘の投稿をした上で参加したライブを混乱に陥れたとして、警視庁渋谷署は16日、偽計業務妨害の疑いで、東京都江戸川区篠崎町、会社員、辻山孝太容疑者(30)を逮捕した。

 渋谷署によると、ライブは15日に渋谷区内で開催され、地下アイドル20組超が出演し、150〜200人のファンが詰めかけていた。SNSの投稿を見たファンが主催者側に連絡。会場で投稿者を呼びかけたところ、辻山容疑者が名乗り出たという。

 感染者との濃厚接触や海外渡航歴は確認されておらず、書き込みは嘘だと判明したが、主催者側は一時中断や換気などの措置を取った。辻山容疑者は「熱やせきの症状はあったが、感染していないのは分かっていた。認識が甘く、後先のことを考えずに送信してしまった」と供述している。

 逮捕容疑は今月15日、SNSに《コロナから復帰しました。ファンの皆さん今日はよろしくお願いします! 行きマウス》などと投稿。渋谷区道玄坂のライブハウス「VUENOS」で開かれていたイベントを15分中断、物品販売を2時間中止させたとしている。

関連記事(外部サイト)