2児殺害のタイ人母、信じ続けた家族の「良好」崩れ犯行か 東京・吉祥寺

2児殺害のタイ人母、信じ続けた家族の「良好」崩れ犯行か 東京・吉祥寺

子供2人の遺体が発見されたマンション=23日、東京都武蔵野市吉祥寺本町(松崎翼撮影)

 東京・吉祥寺の駅前のマンションで23日朝、10代の兄妹が殺害されているのが見つかった。2人に手をかけたとして、警視庁に殺人容疑で逮捕されたのは、タイ国籍の実の母(41)だった。日本人の夫(38)らとの間で突然浮上した離婚問題で、親権を取られて子供を奪われるのではないかと、悩んだ末での犯行だったという。来日して約14年。築き上げた家庭を自ら壊すという選択をした彼女に何があったのか。(村嶋和樹、松崎翼)

 ●夫不在時の「凶行」

 「子供を殺した」。23日午前、1人の女がJR吉祥寺駅東口交番に出頭してきていた。警視庁の捜査員らが、すぐ近くのマンション一室に足を踏み入れると、幼い兄妹の遺体が横たわっていた。

 遺体のそばには、凶器に使ったとみられる包丁(刃渡り17センチ)と、果物ナイフ(刃渡り11・5センチ)が残されいた。「寝ていたところを刺した」。女はこう供述し、同日、殺人容疑で逮捕された。

 警視庁組織犯罪対策2課によると、女はフルカワ・ルディーポン容疑者。このマンションで、長男の中学1年、古川絢一(じゅんいち)さん(13)と長女の小学4年、紗妃(さき)さん(10)と暮らしていたという。夫は5年ほど前から埼玉で単身赴任しており不在だったという。

 ●家族の「良好」信じ続ける?

 フルカワ容疑者がわが子に手をかけたのは「家族」が引き裂かれようとしたことに端を発するという。

 フルカワ容疑者は義父が営む宝石店で働いてた。タイでも元々、宝石関係の仕事をしており、その関係で夫と知り合い、平成18年ごろに来日したという。

 ほどなくして結婚し、長男と長女にも恵まれた。駅前の高級マンションに居を構え、周囲もうらやむ幸せな家庭を築いていた。しかし、家族関係は徐々にほころびが見え始めた。

 埼玉の支店で働く夫とは5年ほど前から別居状態に陥り、家族4人で顔を合わせて食事するのは月に1回程度。夫が吉祥寺の自宅に帰るのは年に1、2回ほどだったという。それでもフルカワ容疑者は、家族関係は「良好だ」と信じて疑わなかったという。

 ●「子供取られるくらいなら…」

 だが、その様子を見かねた義母からは、昨年くらいから「別れてタイに帰りなさい」と言われ始めていたとされる。それでも、家族にこだわっていたフルカワ容疑者だったが、今月21日に決定的なひと言を義母から投げかけられた。

 「ぐずぐずしないでさっさと帰りなさい」

 八方ふさがりになったフルカワ容疑者は、わが子にもすがったが、2人の希望も「日本に残りたい」だったという。「訴訟しても勝てない」。そう思いつめて週明けの月曜日に凶行に及んだという。

 23日午前7時半ごろ、長男はベッドで寝ていたところを、長女もソファで寝ていたところを馬乗りになって襲った。刃物で何度も突き刺した。2人は途中で目を覚ましたとみられ、手や首に抵抗した痕が確認されたという。

 フルカワ容疑者は、たまたま電話をかけてきて犯行を打ち明けた義母に付き添われる形で出頭したが、その前に、近くのスーパーに向かい、花束を買った。

 捜査員らが室内を確認した際、2人の遺体のそばには、その花束が置かれていたという。「子供を取られるくらいなら殺してしまおうと思った」。フルカワ容疑者は、こう供述しているという。

関連記事(外部サイト)