事件現場清掃人は見た 40代女性が自殺した後、姉に届いた“読むに堪えない遺書”

 自殺や孤独死などで遺体が長い間放置された部屋は、死者の痕跡が残り、悲惨な状態になる。それを原状回復させるのが、一般に特殊清掃人と呼ばれる人たちだ。2002年からこの仕事に従事し、昨年『事件現場清掃人 死と生を看取る者』(飛鳥新社)を上梓した高江洲(たかえす)敦氏に、マンションの浴室で首吊り自殺した40代女性の話を聞いた。

 ***

 最近は、ネット上などで部屋を汚さない首吊り自殺の方法が紹介されている。今回ご紹介するケースも用意周到な準備をしていたことが印象的だったという。

「現場は、40代半ばの女性が自殺した2DKのマンションでした。彼女の甥御さんから清掃の依頼をされました。驚いたことにオムツを穿いて浴室で首を吊っていたのです」

 と語るのは、高江洲氏である。

 部屋は、どこもきちんと整理整頓されていた。

「自殺を決意した後に身辺整理を行ったのだと思います。部屋にあった洋服やバックなどは高価なものではありませんが、どれも趣味のいいものばかりで、彼女が品の良い人であったことが伝わってきました」

 遺体は死後数日で発見されたという。


■遺品を受け取らない遺族


 作業を終えた高江洲氏は、依頼主の自宅へ向かった。

「部屋からは、アクセサリー数点のほか、現金30万円が見つかりました。清掃の報告と、遺品を引き渡すために甥御さんに会う必要がありました」

 部屋に上って、遺品とともに現金の入った封筒を渡そうとした。しかし――。

「なぜか、頑なに受け取ろうとしないのです。かといって私が持って帰るわけにもいきません。封筒の押し付け合いになり、ようやく受け取ってもらいました」

 ところが、再び、

「お疲れ様でした。これでお茶でも飲んでください」

 と、封筒を渡されたというのだ。

「通常はあり得ない対応に、これは何か事情があるのではないかと思いました。そして話をしているうちに、甥御さんの母親、つまり自殺した女性の姉あてに遺書が送られていたことが分かりました」

■姉への恨みが延々と


 高江洲氏は、その遺書を読ませてもらったという。

「遺書はA4用紙に2枚でした。『今から死ぬ。これが届く頃には、私はこの世にいないでしょう』という書き出しで始まり、お姉さんへの恨みが延々と書かれてありました。『今まで、こんなに面倒をみてあげたのに、なぜ連絡をくれない!電話をしたのに、なぜ出ない!どうして私を避ける!卑怯者!かまってくれないから、寂しくてたまらない……』など、読んでいていたたまれない気持ちになりました」

 遺族にとってみれば、その内容はあまりに一方的だった。そのまま受け入れることはできなかったという。

「甥御さんは、幼い頃は故人にかわいがってもらったそうです。姉との仲も良かったそうですが、妹さんは精神病を患ってしまい、性格が一変してしまったといいます。勤めていた会社も辞めたそうです」

 妹が病気になったことをきっかけに、姉とも疎遠になったという。

「妹さんは、とりとめのない話を延々としたり、同じ話を何度も繰り返するともあったので、お姉さんは、彼女と会うのが面倒くさくなってしまった。妹さんは、自分が病気だということを自覚していなかったため、被害妄想が酷くなっていた。お姉さんが自分をかまってくれないことに対して、一方的に恨みを抱くようになったそうです」

 結局、高江洲氏の前に姉は一度も姿を見せなかった。

「お姉さんは、妹さんとは一切関わりたくなかったのでしょう。精神を病んでしまった人を家族はどこまで面倒をみるべきか、本当に難しい問題だと思いました。残された家族も複雑な気持ちだったのでしょう。妹には30万円の他に預金もあったのですが、そこから私に特殊清掃の費用を払い、残りは動物愛護団体へ寄付したそうです」

デイリー新潮取材班

2021年3月18日 掲載

関連記事(外部サイト)

×