「24年、地獄です」「ご遺族にお詫びしたい」 酒鬼薔薇聖斗の母が取材に語った心の内

【神戸連続児童殺傷事件】酒鬼薔薇聖斗の母親「地獄です。24年、地獄です」と語る

記事まとめ

  • 神戸連続児童殺傷事件の酒鬼薔薇聖斗こと元少年Aは、今もどこかに身を潜めている
  • 関西のある地方都市で暮らす元少年Aの母親は「地獄です。24年、地獄です」と語った
  • 少年院を出てからは元少年Aに一度も会っておらず、手紙も来ないと母親は明かした

「24年、地獄です」「ご遺族にお詫びしたい」 酒鬼薔薇聖斗の母が取材に語った心の内

「24年、地獄です」「ご遺族にお詫びしたい」 酒鬼薔薇聖斗の母が取材に語った心の内

変わらぬ自己顕示欲

 おぞましいあの事件から24年、独善的な手記『絶歌』が世に出てから6年。今も酒鬼薔薇聖斗こと元少年A(38)は、自分の正体と犯罪衝動を隠しながらどこかに身を潜めている。そんな元少年Aの親は今――。

 ***

「地獄です。24年、地獄です。下の子らも学校をやめないといけないし。普通の、一般家庭が、ですよ……。地獄です、ほんまに」

 時折、目に涙を浮かべながら取材に応じた元少年Aの母親は、「地獄」という言葉を繰り返した。しかし、事件によって地獄に突き落とされたのは、彼女だけではない。元少年Aに殺された土師(はせ)淳君(当時11歳)や山下彩花ちゃん(当時10歳)の親もまた、事件以来、出口の見えない地獄を歩き続けてきた。

 2人が死亡、3人が重軽傷を負った神戸連続児童殺傷事件。14歳だった元少年Aは、当時から自己顕示欲の塊だった。

 神戸市須磨区内の中学校の正門前で淳君の頭部が発見されたのは1997年5月。その口には、酒鬼薔薇聖斗と名乗る人物からの手紙が挟まれていた。

〈さあゲームの始まりです 愚鈍な警察諸君 ボクを止めてみたまえ ボクは殺しが愉快でたまらない〉

 さらに、地元新聞社に送った声明文では自らを“透明な存在”と称して、

〈もっと怒りと執念を持ってぼくを追跡したまえ〉

 などと挑発したのだ。

 淳君の頭部が発見された約1カ月後に逮捕された元少年Aは関東医療少年院に送られ、2004年3月に仮退院。翌年1月に本退院となり、社会に戻ってきた。


■「縁切った」


 以降、彼の行方は杳(よう)としてしれず、時折、「あの町に酒鬼薔薇がいるらしい」といった真偽不明の噂が流れるばかりだった。

 しかし、社会復帰から10年がたった2015年、事件の「第2幕」が開く。淳君の頭部を自らが通う中学校の正門前に晒したことについて、〈告白しよう。僕はこの光景を、「美しい」と思った〉などと語る手記『絶歌』を出版。それだけでは自己顕示欲が満たされなかったようで、HPまで開設した。そこには、元少年A本人と思しき覆面姿の半裸写真や、ナメクジのコラージュが掲載されており、彼の「治療」が失敗に終わったことは誰の目にも明らかだった。

 そんな元少年Aの両親は現在、関西のある地方都市で暮らしている。オートロックもエレベーターもない、築50年以上の古びたマンション。玄関のドアが開いていたので「すいません」と声をかけてみると、中から出てきたのは、年老いた小柄な女性。彼女こそ、元少年Aをこの世に生み落とした本人である。彼女の名前を確認した後、質問を投げかけようとすると、

「こちらにお入り下さい」

 と記者を玄関の中に招じ入れた。近所にあらぬ「噂」がたつのを気にしているのだろう。

――元少年Aと連絡をとっていますか?

「ないんですけど」

――今、彼はどのような暮らしをしている?

「わからなくて……」

――ここには来ていない?

「何も聞いていません」

――今、彼はどこに住んでいる?

「全然、わからないんですよ。そういうのは弁護士の先生に全面的にお任せしているんで」

――お二人の暮らしぶりは?

「もう、年金生活ですので。最低限の生活です」

――元少年Aの兄弟はどうしている?

「生きてます」

――お二人とも?

「元気にしています」

――ご遺族の土師さんに対しては?

「死ぬまでに一回は会ってお詫びしたいというのは、弁護士の先生には伝えとるんですけど。直接、お詫びをしない限りはずっと、私は、もう、ずーっと、沈んだままです」

――関東医療少年院を出てからは元少年Aに一度も会っていない?

「うん、そうですね」

――手紙も来ない?

「来ません。縁切ったんちゃいます? 私らと」

 こうしたやり取りの後、“事件以後はあなたにとってどのような時間だったか”と聞いたところ、母親は冒頭のように「地獄」の2文字を口にしたのだ。

「週刊新潮」2021年3月18日号 掲載

関連記事(外部サイト)