東京電力と右翼の黒幕「田中清玄」(第2回) 彼はなぜヤクザから狙撃されたのか(徳本栄一郎)

東京電力と右翼の黒幕「田中清玄」(第2回) 彼はなぜヤクザから狙撃されたのか(徳本栄一郎)

実業家で昭和のフィクサーでもあった田中清玄(1974年)

 右翼の黒幕、そして「東京タイガー」と呼ばれた国際的フィクサーの田中清玄。戦前は武装共産党を率い、11年を獄中で過ごし、戦後は建設業や海外の石油権益獲得などの事業を手がけた。

 その田中は終戦直後、過激化した共産党に対抗して、電源防衛隊を組織する。ヤクザや復員兵も動員し、まさに体を張って発電所を守るが、その足跡が、東京電力の社史から消されているのは前編「東京電力と右翼の黒幕「田中清玄」 共産党の発電所破壊工作を阻止した男」で述べた。

 やがて時は流れて、焼け跡は記憶の中だけとなり、時代は復興から高度経済成長へと移った。

 真新しいビルが立ち並び、翌年に東京五輪を控えた1963年11月9日の夕方、丸の内の東京會舘前は、送迎の車で混雑していた。ここは皇居外苑を囲む日比谷濠に臨み、連日、様々なパーティが催される。

 午後6時を過ぎた頃、一分の隙もない正装の男が會舘から玄関に出ると、迎えの車を待っていた。知人と談笑していた、その時、約1メートル離れた所で突然、「田中!」という叫び声が上がる。ふり向くと、両手で拳銃を握り締めた若い男が立っていた。次の瞬間、数発の破裂音が響いて、悲鳴と怒号が飛び交う。ややあって数人が飛びかかり、男を取り押さえた。

 後に「田中清玄狙撃事件」として知られる出来事に、晩年の田中は自伝で触れている。この日は、戦前の共産党の同志で評論家、高谷覚蔵の出版記念パーティに出た帰りだったという。

「玄関を出ようとしたところを、いきなり腹を撃たれたんです。そこでひるんだら本当に殺されると思ったから、向かって行って相手を倒した。銃口を肘に押し付けて首を絞めようとも思ったが、こっちは空手をやっていたし、殺してしまったら背後関係も分からなくなってしまう。それで殺さずに、まずピストルを奪おうとした。相手も必死でした。ピストルをとられたら、逆に殺されると思ったのでしょう。それでもう一発、肘を撃たれました。その後、やっこさんは東京会館に逃げ込もうとしたのを、こっちは追いかけていって、ドアのところに挟むようにしてつかまえてやろうとしたが、そのときドアの隙間から三発目を撃たれたのが、腎臓にまで届いた」(「田中清玄自伝」)

 当時、田中はすでに57歳。若い頃に空手で鍛えたとは言え、身に3発の銃弾を受けて暴漢に立ち向かう。その姿は尋常ではなく、かつて武装共産党、電源防衛隊で見せた激しさは全く衰えてなかった。


■「児玉がやらせた」


 そして、終戦直後から行動を共にした側近の太田義人も、この狙撃事件は生涯忘れられなかったようだ。

「その日は、たまたま三井物産の人と会う約束があってね、東京會舘の向かいのバーで飲んでたんです。その間に撃たれちゃったんだ。田中もすぐ帰ればいいのに、例の調子で、あっちこっちで握手してたんでしょ。うちに帰ってテレビ観て、びっくりですよ。それで、慌てて築地の聖路加病院に駆けつけた」

 着くと、ちょうど緊急手術が終わったばかりで、銃弾は内臓を回り、命を取り留めたのは奇跡とされた。丸の内署員に逮捕された犯人は、暴力団の東声会の木下陸男という男だった。それを聞いた瞬間、“しまった”と“やっぱり”という思いが太田の頭に交差したという。

「あの頃、田中は田岡さんと麻薬撲滅運動をやってて、『狙われてるから、気をつけてくれ』と言われた。それで欧州に出しちゃおうと、切符もパスポートも用意したのに、高谷の出版記念会があるんで、出発を2日延ばした。そしたら撃たれちゃった。田岡さんも、『混乱を起こすようなことを人に言わんでくれ。ヤクザの世界は違うんだ』と。ヤクザの世界ってのは、大勢力になれば、拮抗して中々ぶつからんのですよ。そこへ田岡が良くて、児玉は悪いとか言われると困るんです。東声会は児玉とつながってるし、その東声会に撃たれたからね」

 田岡とは日本最大の暴力団、山口組の3代目組長、田岡一雄、そして児玉とは戦後の右翼のフィクサーとして裏社会に君臨した児玉誉士夫を指す。彼らが狙撃事件にどう関わったのか。

 田中と田岡が知り合ったのは終戦直後、田中が横浜で建設会社を興した頃だったという。田岡は神戸の沖仲士を仕切る有力者で、2人はすぐに意気投合した。その付き合いは家族ぐるみで、山口組が組織暴力団と非難されるようになっても続く。反共活動家と暴力団の親分、立場は違えど、互いに共感し合うものがあったのだろう。

 一方の児玉誉士夫は戦時中、上海で児玉機関を作り、海軍の物資調達を行う。調達と言えば聞こえはいいが、実際は中国人からの略奪に近かった。戦後はA級戦犯として逮捕されるが、後に釈放、中国から持ち帰った莫大な資産で政界のフィクサーとなる。

 また暴力団などを使って企業に睨みを利かせ、70年代のロッキード事件で、米航空機メーカーの秘密代理人として登場した。様々な経済スキャンダルに名前が隠見した右翼の黒幕である。

 そして63年、田中と田岡は、作家の山岡荘八や政治家の市川房枝らを交えて、「麻薬追放・国土浄化同盟」なる組織を立ち上げた。麻薬根絶を目指すものだが、じつは児玉が全国の博徒と右翼を大同団結させ結成した「東亜同友会」に対抗するためである。

 この結果、東西の暴力団の抗争が激化し、西の田岡を支持する田中が、東の児玉に狙われる構図になってしまった。その田中の児玉評は、辛辣の一言に尽きた。

狙撃は、「児玉がやらせた。私が田岡組長と組んで、山口組の東京進出を図ろうとして起きた暴力団同士の抗争事件だなんてマスコミは書いたけど、全部うそだ」(「田中清玄自伝」)

「児玉を、戦前は軍が使い、戦後も自民党の長老たちは使っていたなあ。世のため人のためにやるなら別だが、国家の名前を使いやがって、一番悪質な恐喝、強盗の類いじゃないか」(前掲書)

 これだけだと両者は水と油のようだが、太田に言わせると、話は若干違う。

「田中は、児玉とは合わなかったと言うが、私が三幸建設に入る前は付き合いがあったらしいんだ。北海道の料亭で、一緒に児玉たちと会ったこともありますよ。仲が良くて、会社に空手道場を作った時も見に来たしね。ただ、児玉が経済事件とかに関係してるってんで、『あいつは、あんなことやってるのか』って、会うのを止めちゃった。だから、付き合いがあったのは事実ですよ」

 戦時中は軍に協力し、終戦の混乱で莫大な資産を手にした児玉。その後も配下の暴力団や総会屋を使って、幾つもの経済事件に関わる。同じ右翼でも行動が違い、袂を分かつのはごく自然だったのかもしれない。

 そのクライマックスが東京會舘の狙撃で、この直後、聖路加病院の病室に、ある見舞客が現れたという。

 痩身に作務衣をまとい、ステッキを手にした老人で、年齢は80代の後半、見つめられた相手が竦むような鋭い眼光だった。老人の名前は松永安左エ門、戦前から電力業界で活躍し、戦後の業界再編で旗振り役を演じた。すでに第一線を退いたが、隠然たる力を持ち、東京電力の生みの親と言える。

 松永は病室に入ると、ベッドで意識がないまま横たわる田中の傍らに立った。そしてステッキを握り、何かを語りかけるように、じっと見つめていたという。その場に居合わせた太田が証言する。

「電源防衛をやってた頃、松永さんは日発解体、9電力会社の再編ですよね。田中は日発との関係上、『松永は電力界を壟断する、けしからん奴だ』って糾弾してた。そこへ、ある人から『とにかく、一遍会いなさい』と言われた。それで会いに行ったら、ころっと変わっちゃったんだ。それからは松永さんの弟子ですよ。それまで、国賊だ、ぶっ殺すなんて言ってたのにね」

 前編で述べたように、終戦直後、田中は日本発送電、いわゆる日発の発電所を共産党から守る電源防衛を行う。猪苗代の発電所などへ荒くれ男を送り、文字通り、死闘を繰り広げた。


■大っぴらにできない関係


 ちょうど同時期、日発を分割して9つの電力会社に再編する議論が進み、その旗振り役が松永であった。当然、分割の対象になる日発は猛反対し、付き合いのある田中もそうだった。それが、たった一度の出会いで転向してしまったのだ。

「それで朝、小田原の松永さんの家に行くと、まだ寝ている。すると田中は、廊下でじっと正座して待ってるんですよ。一旦傾倒したら、まるで違うんでね。それから松永さんの子分の中部電力の三田さん、東京電力の木川田さんとかと付き合い始めた」

 三田民雄は後の中部電力の副社長で、三田敏雄元会長の父親である。木川田は後に東京電力の社長、会長を務め、電気事業連合会の会長も歴任した。こうして、松永との出会いが電力業界とのパイプを太くしていった。

 松永との初めての出会いで、一体どんなやり取りがあったか。すでに2人が亡くなってる以上、知る由もない。が、ここで興味深いのは、田中が生まれ育った境遇である。

 若い頃の田中が共産主義運動に熱中し、母親が息子を改心させるため自殺したのは前編で触れた。その田中は幼くして父親も亡くしている。ここから先は推測だが、彼は松永に、亡き父親の姿を重ねたのではないか。鬼のような形相で乗り込んだ田中、それを、30歳以上も年配の松永は泰然自若として迎えた。そして、言い聞かせるように電力再編の必要性を説く。その気迫に呑まれた彼は、小手先の理屈を捨て心酔してしまった。繰り返すが、これは想像に過ぎない。だが、この一度の邂逅が田中の運命を大きく変えた。

 こうして入院中、太田はボディーガードと見舞客の受付を兼ね、築地の聖路加病院に詰める。その間、一体どういう心境だったか。こう訊くと、冗談とも本気とも取れる答えが返ってきた。

「それが変な話だけど、これで、しばらく借金取りは来ないなって思ったよ。社長が生きるか死ぬかの時、やっぱり皆さん、『仕方ないな』となるでしょ」

 とすると、当時、田中にかなりの借金があったと。太田が深く頷く。

「三幸建設では、『俺の秘書をやれ』って言われたけど、『あんたの秘書なんかやったら潰されちまう。代わりに経理に入れてくれ』って言ったんです。それが、今から考えると正しかった。中に入って見ると、金繰りは非常に厳しいんです。やはり、経営者じゃないでしょ。金があれば使っちゃう。それに、電源防衛をやって会社はガタガタになった。社員の中で、優秀な奴は『第二工事』に精力を使い、だんだん仕事もいい加減になったし。赤字になって、借金も数億はあったと思うね。何しろ、共産党がデモをやるとなると、会社に棍棒を用意するんだから」

 念のために言うが、田中の三幸建設は日本各地で土木工事を請け負う、一応、れっきとした会社だ。それが時に、電力会社の依頼で共産党討伐の秘密工作、もとい第二工事を行う。また本社近くに空手道場も作り、当時の写真は、突きや蹴りの稽古に励む社員が写っている。そこで彼らは腕を磨き、社長の号令一下、棍棒を握って共産党のデモに殴りかかっていった。

 完全に事業と政治活動を混同している。これでは会社が傾かないのが不思議だ。結果として三幸建設は人手に渡り、田中は退陣、太田ら古参社員を連れて新たに田中開発工業なる会社を興す。命がけで電力会社を守った男が、自分の会社を防衛できなかった。そうした後で、狙撃事件は起きたのだった。

 入院中、はたして東京電力などの幹部が見舞いに来たかどうかは分からない。だが本来、真っ先に駆けつけるべきは、彼らだったはずだ。過激化した共産党に立ちすくんだ時、迎え撃ったのは田中で、それは最重鎮の松永も承知していたはずだ。

 その松永が1人、秘書も連れず、人目を忍ぶように病室を訪れる。そして、東京電力の社史からは田中の記述が丸々消された、これが多くを物語る。電力会社にとり、彼との関係は大っぴらにできない類のものだったのだろう。太田が続ける。

「あの時、田中はまだ虫の息に近いんだけど、松永さんが枕元に立ってね、こう言われたんだ。『憂きことのなおこの上に積もれかし限りある身の力試さん』これを2回呟いてから帰っていかれた」

 これは江戸時代の儒学者の熊沢蕃山の作とされ、困難や試練に打ち勝つため、己を叱咤激励するという歌だ。やがて奇跡的に回復した田中を、久しぶりに松永が見舞った際、ただ一言、「おい、勝ったな」と声をかけたという。

 こうして田中の体は数ヵ所の銃創が残り、左の腎臓も摘出された。そして松永との出会いが、その活動を海外へ広げる原動力になる。中東の石油権益獲得への単身乗り込みで、これが、彼に「東京タイガー」の異名を与えた。その切り札は、何と狙撃事件の傷跡だった。(続く)

徳本栄一郎(とくもと・えいいちろう)
英国ロイター通信特派員を経て、ジャーナリストとして活躍。国際政治・経済を主なテーマに取材活動を続けている。ノンフィクションの著書に『エンペラー・ファイル』(文藝春秋)、『田中角栄の悲劇』(光文社)、『1945 日本占領』(新潮社)、小説に『臨界』(新潮社)等がある。

デイリー新潮取材班編集

2021年3月30日 掲載

関連記事(外部サイト)