窮地の吉村知事が打ち出した「マスク会食」 大阪の食堂やレストランで喧嘩が増える?

大阪の吉村洋文知事が「マスク会食」案を打ち出す 客同士の喧嘩が増えるとの懸念も

記事まとめ

  • 大阪府は感染者の激増で、全国に先んじて「まん延防止等重点措置」が適用されることに
  • 吉村洋文知事は「マスク会食」案を打ち出し、スナック経営者などは戸惑いの声をあげた
  • 客同士が「マスク外して食っとるやないか」などと、喧嘩になることも懸念されている

窮地の吉村知事が打ち出した「マスク会食」 大阪の食堂やレストランで喧嘩が増える?

窮地の吉村知事が打ち出した「マスク会食」 大阪の食堂やレストランで喧嘩が増える?

会見する吉村知事(撮影・粟野仁雄)

 昨年春からのコロナ対策で「国に先んじて手を打つ」が評価されてきた大阪府吉村洋文知事(45)だが、ここへきて大ピンチとなった。3月初めに緊急事態宣言の解除を求めて、東京より三週間早く解除させたものの、感染者の激増で全国に「先んじて」国の「まん延防止等重点措置」(いわゆる「まん防」)を要請、適用されることになってしまったのだ。

 対象地域は大阪市内で期間は4月5日から三週間程度の見通しだったが、大阪の要請を受けた政府の協議で大阪市をはじめ、神戸市、西宮市、尼崎市、芦屋市、仙台市の6都市についてゴールデンウィークが終わる5月5日までの一か月間となった。改正特措法で2月に新設された同措置の適用は初めてだ。


■「若者激増」「ステージ4」に緊張


 3月中旬に入ってから大阪府の感染者は右肩上がりで、吉村知事は「第4波に入っている」とは公言していた。それが想像を超える「危機的状況」となった。3月30日に東京を上回る434人となり、31日には一挙に599人となった。同じ31日の東京都は414人だ。人口が東京の6割しかない大阪府の数字だから尋常ではない。「七日間での人口10万人当たりの新規感染者」も、3月1日には5・67人だったのが、31日には28・58人に激増。もっとも深刻な「ステージ4」の目安とされる25人をあっという間に上回った。

 政府に「まん防」を求めるか否かの府の対策会議は4月1日に開かれるはずだったが、急遽、前倒しを求め31日の午後4時から会議をいつものように公開で開いた。

 中心的に報告する藤井睦子保健部長からの「今日の感染者は599人です。20代、30代の人の感染が50%を超えています。ステージ4を超えている要素もあります」などの報告に、出席者の表情にはいつもとは違う緊張感が走った。

 4月5日から三週間程度の「まん防」の適用を求めることを決めた会議は40分ほどで終了した。防止策は飲食店の営業をこれまでの午後9時までから8時までにする時短要請をはじめ、アクリル板設置、入場者のマスク着用、飲食中の「マスク会食」、カラオケ店への自粛内容などだ。違反店舗には20万円以下の過料が課されるが客への罰則はない。

 会見した吉村氏は「ここ一週間の伸びが非常に高い。感染の山をできるだけ抑えていくために大阪市内を中心に集中的対策を取る必要がある」などとした。感染経路も半数以上が不明と不気味で大阪府医師会の茂松茂人会長はテレビ取材に「急拡大の原因は変異ウイルスの影響が大きく思った以上に広がっている。対応が全くできていない。極力(変異型の)検査を増やしてほしい」と話していた。


■「春休み」「歓送迎会時期」を強調


 吉村知事は「先月中旬からの感染急拡大は春休みに入り、20代、30代の感染者が多い歓送迎会やコンパ、飲み会など感染リスクが非常に高い場面が増えたのが拡大につながっている」とし、「過去最高を超える数字になり、高齢者施設や家庭内。職場などに広がることが予想される」と警鐘を鳴らした。

 この日は定例会見のある水曜日で先に2時から会見があった。「蔓延防止については夕方の会議終了時に質問してください」とのことだった。「いままで650人が最高だったがこれを超える数値がすぐ出てくる」と予測めいた発言をし、さらに「緊急事態宣言を解除していなくても同じ結果になったと思う」などと話していた。昨年からのコロナ禍で大阪府の最高値は654人だった。

 もはや、緊急事態宣言にする数値である。吉村知事が一足早く解除させたことによる「緩み」が、今の激増と一致する。会議終了後の会見で筆者は吉村知事に「2時の会見で緊急事態宣言を解除していなくても同じ結果になったと思うと言われたが、その根拠は?」と問うた。急激な感染者増で、解除が早かったことへの批判を予想し、先手を打って防波堤を築いているようにも感じていた。吉村氏は「まず感染者は20代や十代の若い人でした。3月7日に解除しましたが、急拡大については、感染日などの内訳をみると春休みで人の動きが多くなっていいたことが大きく、解除の時期はあまり関係なかったのではと思っています」などと答えた。


■独自の「マスク会食」案


 そんな吉村知事が打ち出している独自案が「マスク会食」である。レストランなどでの外食の際に、食べ物を口に放り込む時だけマスクを外し、すぐにマスクをして会話するというものだ。実に面倒だ。マスク会食について大阪市内のスナック経営者の女性は「こちらからお客さんにマスクしてないから出て行ってくださいとか、言えませんわ」と話す。大阪市内の居酒屋の男性は「食事中のお客さんにマスクしてくださいと言うのは難しい。そんなこと言ったらお客さんこなくなるし」と戸惑う。こうした店主が多いはずだ。

 吉村知事は「コロナは飛沫感染が多いから、まずこれを防ぎたい」とする。医学的にも異論はないだろう。今回の激増、卒業式や送別会、などで主に若者が集まって会食などをすることが原因であることは明らか。若者は新型コロナで死んだりはせず恐怖感が薄いだけに厄介だ。

 一方で吉村知事は従来から「コロナで死ぬのはウィルスよってだけではない」と強調し、経済苦から自殺者が出ることをよく引き合いに出す。そんな中での「マスク会食」案だった。

 マスク会食について筆者は「マスクしながら食べて、とされたら僕なら外食しないと思います。知事は窮地に陥った飲食業を何とかしたいということで動かれていたが、マスク会食で客が減ってしまうのでは」とも尋ねた。吉村氏は「時短要求をしてもいつかは戻さなくてはならない。そうするとまた感染者が増える。同じことを繰り返す。持続可能性を求めて、食事を楽しむスタイルを一歩踏み出し、感染に強い店づくりをしたい。発想を変えてみたが、マスクを上げ下げするのは慣れればそんなに難しくはないのでは。定着してくれれば」などとかなり長く答えてくれた。

 過料などの行政罰があるのは店主に対してだけ。「お客さんには府民としてお願いするということにしかならない」(吉村知事)。だが、このマスクの「マスク会食」案は気になることがある。大衆食堂、レストランなどで喧嘩が増えるのではないか。店主や店員は「客優先」で我慢しても客同士が「お前、マスク外して食っとるやないか」「食べるときにいちいちつけてられるか」などで喧嘩になりやすい。「食事中のマスク着用の義務」に行政がお墨付きを与えてしまったのだ。コロナ問題では当初から「マスク警察」などが出ており、心配だ。


■打ち出した聖火リレー中止


 翌4月1日には大阪府の感染者は616人になった。すると吉村知事から「爆弾発言」が飛び出した。「蔓延防止措置になったら大阪市内での東京オリンピック聖火リレーを中止すべきだ」と言ったのだ。聖火は4月13,14日両日に大阪城公園などを走る予定だった。決定権は東京五輪オリンピック・パラリンピック組織委員会(橋本聖子会長)ではあるが、自治体の長が中止を求めているものを走らせるわけにもいくまい。沿道に人が詰めかけてクラスターにでもなったらまさに委員会の責任になる。

「まん防」も聖火リレー中止も、とりあえず大阪市内だけに限定した措置である。もちろん、吉村知事は「維新の会」の盟友松井一郎市長の同意を取り付けている。聖火リレーが間近に迫っている中、中止を打ち出し大阪市の危機感をアピールすることも狙っている。

 府内すべてではないとはいえ、本当に中止となれば、コロナの感染防止を理由にした聖火リレーの中止は初めてであり、五輪関係者にとってショッキングな出来事になる。早くから「コロナ対策第一」を理由に県内での「聖火リレー中止」を強く主張している島根県の丸山達也知事(49)を出し抜くことになるかもしれない。吉村洋文とはどこまでも「先んじる政治家」のようではある。

粟野仁雄(あわの・まさお)
ジャーナリスト。1956年、兵庫県生まれ。大阪大学文学部を卒業。2001年まで共同通信記者。著書に「サハリンに残されて」「警察の犯罪」「検察に、殺される」「ルポ 原発難民」など。

デイリー新潮取材班編集

2021年4月3日 掲載

関連記事(外部サイト)

×