水戸学を抜きには語れない「青天を衝け」、第9話「桜田門外の変」の思想的背景は

水戸学を抜きには語れない「青天を衝け」、第9話「桜田門外の変」の思想的背景は

「青天を衝け」(NHK公式HPより)

 NHK大河ドラマ「青天を衝け」(日曜午後8時)の主人公は言うまでもなく渋沢栄一(吉沢亮、27)だが、現時点までは徳川慶喜(草なぎ剛、46)もほぼ同格で描かれている。慶喜が水戸藩出身であるため、同藩事情の描写も多い。さて、どうして同藩で水戸学は生まれ、なぜ尊王攘夷なのか。

 ***

 第1話で描かれた通り、慶喜は9代水戸藩主の父・徳川斉昭(竹中直人、65)による厳しい教育を受けて育った。

 斉昭は尊皇攘夷を説く水戸学を発展させた人。第5話で起きた安政の大地震によって他界した腹心・藤田東湖(渡辺いっけい、58)らと一緒にその思想を作り上げた。無論、慶喜も幼少時から水戸学を叩き込まれた。

 幕末は水戸学を抜きにして語れない。第9話での「桜田門外の変」の思想的背景でもある。これは1860(安政7)年に起きた大老・井伊直弼(岸谷五朗、56)の暗殺事件。水戸学を学んだ元同藩士17人と薩摩藩士1人によって引き起こされた。

 井伊が襲われた最大の要因はというと、彼が孝明天皇の許しがないまま、1858(安政5)年に日米修好通商条約に調印したこと。尊王攘夷の水戸学とは相容れない。その上、孝明天皇自身も怒りを表明していた。

 水戸学の祖は2代水戸藩主の徳川光圀(1628〜1700)。中国の『史記』に感銘を受け、歴史書『大日本史』を編纂したが、その過程で生まれた学問流派が水戸学だ。江戸時代に藩が独自に学問流派を形成した例はほかにない。

 大日本史の中身は歴代天皇の歩みが中心。それがまとめられるうち、天皇は神聖なものであるという考えが強固なものとなり、尊王論と国体論が生まれて、水戸学となる。国体論とは、日本は万世一系の天皇をいただく神国であるという思想である。

 光圀の言行録『桃源遺事』にも「我が主君は天子(天皇)」と書かれている。光圀の考え方では幕府の政権は天皇から委ねられているものに過ぎなかったのだ。

 家臣らに対しても仮に幕府と朝廷が戦うようなことになったら、朝廷に味方せよと命じていたとされる。徹底した皇室びいき。正室にも近衛信尋(後陽成天皇の第4皇子)の娘・尋子を迎えた。光圀の父親で初代藩主の頼房からして尊王の人だった。


■将軍を恐れない光圀


 尾張藩、紀州藩と並び、徳川御三家でありながら、将軍より天皇を崇めるとは、ちょっと奇異な感じもするが、その理由は御三家の中で水戸藩が格下で不遇だったためという説もある。

 光圀は名君として知られた。藩内で水道を開設したり、貧民を救済したり。にもかかわらず、頼房の代から幕府によって不遇を強いられたため、将軍より正当な最高権力者である天皇を崇めたというわけである。

 事実、水戸藩の石高は御三家の中で一番低かった。光圀が副将軍だったというのも実は講談師による脚色であり、そんな役職は存在しない。

 水戸徳川家の人間が将軍の座に就いた例もなかった。このため、慶喜も徳川御三卿の一橋家に養子になるまで将軍候補に入っていなかったのは第1話で描かれた通りである。

 藩が格下で不遇だったから水戸学が生まれたという説の真偽は定まっていないが、光圀が将軍を恐れていなかったのは確か。綱吉が5代将軍になり、天下の悪法「生類憐みの令」を出すと、これに激怒し、ただちに停止するよう強く諫めた。

 光圀による水戸学は前期、斉昭によるものは後期に分類されている。尊王は前期も後期も一緒だが、攘夷を打ち出したのは後期から。1825(文政8)年、幕府が異国船打払令を出した後だ。時流に合わせたものだった。

 今では知らぬ人も珍しくない後期水戸学だが、幕末期は決して少数派の学問ではなく、全国に広まっていた。

 西郷隆盛(薩摩藩)も影響を受けた。藤田東湖を師と仰いだ。西クは東湖の人間性にも心酔した。

 東湖の人柄の一端は第5話で描かれている。ロシア船が下田で転覆したと聞いた斉昭は「神風が吹いた!」と大喜び。だが、東湖は主君を諫める。

「異国人とて国には親や友がありましょう。誰しも、かけがいのない者を天災で失うのは耐えがたきこと」

 西クの「敬天愛人」は東湖の教えから生まれた。

 尊王攘夷派の思想家だった吉田松陰(長州藩)もまた影響を受けた。吉田は1人の君主にのみ権威と権限を認め、ほかの人民の間には一切の差別と身分差を認めないとする一君万民論を説いたが、その源流は水戸学だろう。

 その後、2人は非業の死を遂げる。西クは負けるべくして負けた西南戦争の全責任を取る形で自刃。吉田は江戸の評定所で大老・間部詮勝の暗殺計画を告白したことから死罪に。水戸学には悲劇の臭いが付きまとう。桜田門外の変の実行犯18人のうち2人を除いて全員死んだ。

 それでも後期水戸学は幕末の男たちの胸に響いた。1840(天保11)年、武蔵国榛沢郡血洗島村(現埼玉県深谷市)に生まれた栄一も水戸学に傾倒した。1864(文久4)年慶喜に取り立ててくれるように懇願したのも慶喜が水戸藩の出身だったことが大きい。

「どうか、どうか、この渋沢をお取り立てくださいませ」(第1話)

 ただし、実は慶喜はこの2年前の1862(文久2)年、幕議で開国論を説いている。それどころか、斉昭の攘夷も1853(嘉永6)年のペリー来航の時点で建前になっていたという見方が強い。

 背景には隣国の清が1842(天保13)年にアヘン戦争でイギリスに大敗したことがある。これに幕府は強い衝撃を受け、異国船打払令を緩和。攘夷は現実的ではなくなっていた。

 ペリー来航後、幕府の海防参与に任じられた斉昭は強硬な攘夷論を口にしたが、これは危機感を煽り、国防意識を高めるためだったというのが定説だ。

 慶喜が開国論を説いた翌1863(文久3)年、尊王攘夷運動が盛んだった長州藩は下関海峡を通る米商船などを砲撃。逆に4ヵ国連合艦隊に猛反撃されてしまう。やはり攘夷には無理が生じていた。

 水戸学は事実上、尊王の部分だけが残った。そして水戸学を信じる志士たちは倒幕に向かった。武力で悪政を続ける幕府を倒し、天皇中心の新しい政府をつくることを目指した。


■水戸学による事件が多発


 皮肉なことに最後に攻められることになるのは1866(慶応2)年に15代将軍となった慶喜だが、最後まで天皇と衝突することは避けている。水戸学を守った。1867(慶応3)年には大政奉還に至る。

 幕末は水戸学を背景にした同藩士による事件が多発した。桜田門外の変の2年後、1862(文久2)年に起きた坂下門外の変もそう。老中・安藤信正が登城途中、同藩士6人に襲われ、負傷した。

 動機は安藤が進めた公武合体運動にあった。安藤は朝廷との関係を修復し、幕府の権威も高めるため、孝明天皇の異母妹・皇女和宮を14代将軍・家茂に降嫁させることを決めた。

 だが水戸藩士らは「和宮を人質に孝明天皇に揺さぶりをかけるのではないか」と憤り、襲撃におよんだ。もっとも、全員が現場で斬殺されている。命拾いした安藤も応戦せずに逃げたことから、幕府内の反対勢力の不評を買い、罷免されてしまう。

 まだある。水戸浪士がイギリス公使館も襲った。1861(文久元)年とその翌年の東禅寺事件だ。攘夷派の同浪士14人が江戸高輪東禅寺の同公使館を襲撃。公使や公使館書記官らが負傷するなど、双方に多数の死傷者が出た。幕府は賠償金1万ドルを支払って決着させた。浪士たちは金の国外流出による物価上昇に憤っていた。

 それぞれの事件には水戸人の気性も関係しているのかも知れない。古くから水戸人は「理屈っぽい、怒りっぽい、骨っぽい(水戸の3ぽい)」とされているからだ。

 水戸藩士による事件の極めつけは幕末最大の悲劇とも言われる天狗党の乱。1864(元治元)年、水戸藩士の尊王攘夷派のうち、天狗党と呼ばれた急進派の800余人が、孝明天皇が幕府に命じた攘夷を促すため、筑波山に挙兵した。

 藩内保守派の諸生党との激しい対立も一因だった。天狗党は藩内で苦しい立場に追い込まれていた。頼みとした斉昭は既に亡くなっていた。

 やがて急進派に同調する郷士や農民らが加わり、兵は約1000人に。推されて総大将となったのは水戸学研究者で斉昭の下で藩政改革に当たっていた武田耕雲斎(津田寛治、55)。一行は心情を訴えようと、慶喜のいた京都を目指す。

 これを幕府が黙って見ているはずがなく、諸藩に天狗党討伐令が発布される。水戸藩の対抗勢力も天狗党を追った。だが、鉄砲はもちろん、10数門の大砲まで持っていた天狗党は進み続けた。

 やっと歩みが止まったのは越前新保(現敦賀市)。加賀藩に降伏した。諸藩勢1万数千人の追討軍が迫っていたからだ。幕府に命じられ、追討軍の総大将を務めていたのは図らずも慶喜だった。

 降伏時に823人だった天狗党の面々のうち、353人が処刑された。武田ら首謀者の家族まで死罪になった。処刑を免れた者も島流しなどの刑に。慶喜も辛かったが、身内である水戸藩士だからこそ厳しい処分に踏み切らざるを得なかった。

 明治維新に大きな役割を果たしながら、有能な人材が事件に加わったり、処刑されたりしたために残らなかった。このため、新政府に要人として加わった藩士は1人としていない。

 それを慰めるかのように北島三郎(84)が1966年に「あゝ水戸浪士」という曲を歌ったものの、この曲も忘れられている。

高堀冬彦(たかほり・ふゆひこ)
放送コラムニスト、ジャーナリスト。1990年、スポーツニッポン新聞社入社。芸能面などを取材・執筆(放送担当)。2010年退社。週刊誌契約記者を経て、2016年、毎日新聞出版社入社。「サンデー毎日」記者、編集次長を歴任し、2019年4月に退社し独立。

デイリー新潮取材班編集

2021年4月11日 掲載

関連記事(外部サイト)

×