高齢者への接種開始「コロナワクチン」は我々を救うか 知念実希人×忽那賢志

 高齢者を対象にした新型コロナウイルスのワクチン接種が本格的に始まる。終わりの見えないコロナ禍に差す、一条の光明となるか。現役医師の小説家・知念実希人氏と、最前線で治療にあたる感染症専門医の忽那賢志氏が、ワクチンの可能性と見通しを語り合った。

 ***

知念 僕は小説家として執筆活動をメインに過ごしていますが、医師としても週1回はクリニックで診察をしています。発熱患者が特に多かったのは、昨年の年末から年始にかけて。多い時は1日20件くらいPCR検査を行い、3、4人の陽性者が出ました。最終的には、忽那先生が勤められているような受け入れ可能な病院にお任せする状況でしたが、現状では陽性が1週間で2、3人出るか出ないか、というところまで落ち着いてきましたね。

忽那 私共の病院では、コロナ患者さんの外来も入院も担っておりますが、知念先生もおっしゃった通り、年末から1月いっぱいまで患者さんが多く、特に1月中旬くらいまでは常に満床でした。入院依頼も半分くらいはお断りしていましたが、今はコロナの入院患者さんもかなり減り、ようやく一息ついた状況です。

知念 先生の勤務先は新宿区ですよね。歌舞伎町でクラスターが大発生しましたし、一年を通じてあの病院は本当に大変だろうなと思っていましたが……。

忽那 昨年1月、武漢からチャーター便で帰国した方々を、他の医療機関へ搬送された10人を除き当院で全員PCR検査しました。その後、ダイヤモンド・プリンセス号でも感染者が出て、ちょっと落ち着いたかなと思った矢先に第1波が襲来、もう1年以上、コロナ対応ばっかりやっています。

知念 当初、WHOは家庭内の濃厚接触者くらいしかヒト・ヒト感染は出ていないとの情報を出していたはずが、ダイヤモンド・プリンセス号からどんどん陽性患者が出てきてしまいました。

忽那 おっしゃる通り、最初はこの感染症がどういうものか皆がよく分からなかった。WHOはもとより、日本政府も専門家も含めて、どうリスクコミュニケーションすべきか。正解を出せなかったわけです。例えば、発症前の無症状の時期でも人に感染させる力が強い点は多くの呼吸器感染症にない特徴ですが、流行当初からそれを疑うことは難しかったと思います。

知念 僕も無症状の段階から感染すると聞き、全く信じられませんでした。SARSやMERSでは、肺炎がひどくなってから感染力が強くなり、院内感染を中心に広がるイメージでしたが、コロナは症状がある人を隔離するだけではどうしようもない。本当に困った感染症だと思いました。

忽那 今までの感染症の常識から言うと、にわかに信じがたい思いでしたね。これだけ感染が広がりやすく、かつ致死率が2%と非常に高い。社会への影響を考えれば、スペイン風邪以来の災害と言っていい。

知念 スペイン風邪は100年前ですからね。100年ぶりの大惨事。死者はスペイン風邪ほどではないけど、それでも世界で280万人を超えた。終わりが見えない状況を、感染症の専門家の皆さんはどう捉えていたのでしょうか。

忽那 当初は我々も終わりが見えませんでした。もちろん今も見えているわけじゃないですが、感染症には集団免疫という考え方があります。感染者が広がっていけば、いつかは終息していくという思いはありました。ただ、今回は思った以上に予防効果、発症予防効果に優れるワクチンが出てきた。これがどこまで終息に向けて効くのか。それを今、期待しています。

■医療者の常識


知念 よく一般の方たちとお話しすると、ワクチンより治療薬を期待する人が多い。それが我々のような医療者と一般の方の大きな差なのかなって思います。インフルエンザにおけるタミフルみたいなものがあれば、コロナなんて怖くなくなると言う方がいますが、それは医療者の常識からしたら大きな間違い。タミフルだって特効薬というわけではなく、発熱の期間を短くするための薬です。忽那先生はヤフーなどウェブ媒体で上手に情報発信されていますが、その辺りの前提が、多くの人に理解されていない点についてはどうお考えでしょうか。

忽那 たしかに、世間の皆さんはすごく治療薬を期待しています。例えば、アビガンやイベルメクチンについても、はっきりと効果が証明されたわけではないから、メディアも含めて、科学的根拠に基づき落ち着いて議論しようという趣旨の記事を書いたのですが、“こいつは詐欺師だ”といった反応が返ってきてしまう。

知念 イベルメクチンは、最大規模のランダム化比較試験(RCT。被験者を無作為に複数の群に分け、治療の有無による効果を確かめる試験で、科学的根拠として高く評価される手法)で残念ながら有効性は確認できませんでした。やはり僕たち医者の常識に照らせば、抗生物質みたいな特効薬は、急性ウイルス性疾患に対してかなり厳しいという認識ですよね。

忽那 おっしゃる通りだと思います。効果があるとしても、ウイルスが増殖している発症後数日くらいのうちに投与しないといけない。コロナの場合、発症して数日くらいはウイルスが増殖して、しばらくしてから炎症が過剰に起こります。有効に働く時期が非常に短いことと、タミフルもそうですが、そこまで劇的に効くものではない点が難しいところです。

知念 なぜイベルメクチンがこんなに期待されているのか、僕には全く分からない。最初の方に出た論文も取り下げられましたよね。

忽那 そうですよね。ある企業がデータを捏造し、イベルメクチンがこんなに致死率を下げた、という話が出たのが始まりでした。あれから1年経ちますが、有効性の高いRCTは出ていません。

知念 現状でレムデシビルは投与されていますか。

忽那 酸素投与をしているような方とか、ハイリスクの人で肺炎像があれば、適用があるので投与します。レムデシビルも、恐らく発症後期、軽症の時期を含めると効果がある。RCTでふたつくらいは有意差ありで効果を示すものが出ています。コロナって、発症からの日数とか重症度によって効果のあるなしが全く変わるので、WHOのRCTで効果がなかっただけで「レムデシビルは無効」と騒ぐ人もいますけど、そういうものではないんですよね。

知念 治療薬はいろいろ作られていますが、特効薬にはならないと思いますので、早く日常を取り戻すためにも、僕はワクチンの接種が必要だと思っています。

忽那 ヤフーのアンケート調査などを見ると、日本人は「まだ様子を見たい」という傾向が強いですね。

知念 実効再生産数をみると、7割くらいの人の接種が最低限必要になると思いますが、現状で日本人の「打ちたい」と思う人の割合は6〜7割と、ギリギリのラインです。日本人は慎重な国民性で漠然とした不安を覚えやすいので、「打ちたくない」という人の多くは「何となく分からないから」「何となく怖いから」と接種をためらっている。この「何となく」の部分を取り去るのが、医療者とメディアの仕事だと思います。

忽那 年明けから反ワクチン報道が目立ちました。不安を煽る記事もありますから、メディアも正しく科学的根拠のあることを報道してほしいです。副作用でも「日本人の何人にアナフィラキシーが出ました」ということは、ちゃんと伝えて頂いてよい。ただし、この間も「60代の人が、ワクチンを接種して3日後にクモ膜下出血で亡くなった」ということがありました。そこを「クモ膜下出血」という部分を伏せて、「接種後に死亡」というふうに書いた。それはちょっとフェアではないというか、報道の仕方に問題があります。

知念 そうですね。新聞もテレビもそういう報道がとても多かった。週刊新潮さんも記事では「くも膜下出血」と言及しているのに、誤解を生みかねないタイトルになっていました。ワクチンをめぐる報道については、僕も新潮社さんをはじめ小学館、文藝春秋、講談社、双葉社、光文社など、取引のある会社に連絡を入れました。ワクチンに不安を覚えるのは当然の反応ですが、それを煽るのではなくて正しい情報を提供する。そうしない限り、苦しむのは僕たち日本人で特に弱者が苦しむ。最も命に関わるのは高齢者の方々ですし、子供たちも16歳未満はワクチンを打てません。それ以外にも経済的に困窮している方々も大勢いる。そういう弱者のためにも、皆でワクチンを打たなければコロナ禍は終息しない。ここで不安を煽って皆が打たなくなれば、最終的にどのような結末を迎えるのか。メディアの方も知っておくべきだと思う。

忽那 専門家も正しい情報をきちんと発信していくことが大事ですね。今は医療従事者が、SNSを使って世の中に直接情報を広げやすい環境にありますから。普通に考えれば、世界各国でこれだけ打たれている中で、日本だけ独自な問題が起こるとは考えにくい。とはいえ、日本人にだけトラブルが起こる可能性がないかといえば、被害を受けた方も出ているので断言することは難しいですね。


■ローマ教皇まで


知念 今回承認されたのはファイザー社製のメッセンジャーRNAワクチンですが、世界中でかなりデータが出て発症を95%防ぐという極めて高い有効性が分かっています。日本でも、わざわざ自国民を対象に第1相、第2相の治験まで慎重にやってデータも豊富にある。ワクチンへの誤った情報や疑問について、反論や情報提供をしやすい環境にはなっています。

忽那 日本に先駆けて、米国ではワクチン接種者が1億人を超えました。

知念 全世界でもう3億人くらいいっているのではないですか。

忽那 そのようなデータを吟味しながら、個々人が接種をするかどうかを決められる環境が出来ています。

知念 ワクチンが不安だと口にされる方の多くは、「ちゃんと治験をやったのか」「接種は人体実験では」と言いますが、世界中で億単位の人が打ち、さらにアメリカの大統領やローマ教皇までが打っています。それでも反論する人がいる。「普通、ワクチンの開発は10年かかるだろう」と。その通りですが、今回は世界中からお金が集まり、経済的なリスクを考えず開発に集中できた。あと、やっぱり欧米の感染爆発が、治験が速く進んだ大きなきっかけでしたよね。

忽那 欧米は感染者が一番多い地域であり、当事者意識が高い。アメリカにおいても、これまでのワクチン開発の流れと比べれば短いですが、必要な工程はしっかり踏んでいます。進捗状況を政府と随時共有して、安全性の検証をしながら開発を進めることで期間を短縮できました。

知念 そうした事情をきちんと説明すれば不安は消えると思います。不安な人にとってはそもそもRNAが何なのか分からない。遺伝子と聞くだけで怖いとか。これはとても不安定な物質で、だからこそマイナス70度で保管しなくてはいけないけれど、体内に入ったら1週間くらいで消えちゃいますよね。

忽那 そうです。数日で代謝されてしまう。

知念 なのに、時々「メッセンジャーRNAは体内で永遠に残る」とか言ってしまう方もいる。

忽那 自分の遺伝子に取り込まれちゃうとかね。そういうことはないですよ。

知念 遺伝情報は基本的に、RNAからDNAには伝達されないという、セントラルドグマのシステムがあるし、そもそも細胞核内にメッセンジャーRNAは入れない、DNA自体には触れられないという二つの科学的な根拠がある。そういった誤解というか、間違った世間の恐怖は消してあげたいと思います。ところで先生はワクチンを打たれました?

忽那 私は3月中旬に接種することができました。まだ接種を実施できていない医療機関も多いようですね。

知念 僕もいつ打てるのか分からないけど、先生のような日々患者さんに接する方を優先してほしい。


■変な後遺症


忽那 私が懸念するのは、リスクの高い人が優先的に接種しても、その後にリスクの低い人、若い人に順番が回ってきた時に接種率が上がるか否か。ハイリスクの人たちが打つことで重症者は減るとは思いますが、集団免疫を実現するためには、若い人たちまで打たないと意味がない。自分にだけ免疫がつくという話だと、若い人は「どうせオレは重症化しない」と打たなくなるのではと心配しています。

知念 最近、アメリカでは若年層の間で「ロングコヴィッド」という変な後遺症が報告されています。僕の外来にも、若い人で治療が終わって2カ月くらい経つのに、“息が苦しくて仕方ない”などと訴える方が来ます。

忽那 胸痛や倦怠感が、4カ月、半年経っても続く患者さんもいます。

知念 感染しないに越したことはない。そういう病気だと僕は思っています。

忽那 軽症者や無症状だった人でさえ、後から倦怠感が出たりしています。感染から2カ月経っても、2割くらいの人が後遺症を訴えているという話もある。1億人の患者がいる感染症で、2カ月経っても2割の人が症状を訴えているのは、相当なインパクトですよ。本当に怖い病気です。

知念 その怖さが若者にまで伝わっていませんよね。少なくとも接種が順調にいけば、若者たちが大学に通いスポーツをできる状態が、今年の末頃までには実現するかもしれないですよね。

忽那 あのCDC(アメリカ疾病予防管理センター)が、ワクチンを打った人は家庭内とか睡眠時は「マスクを外していい」とガイダンスを出した。終わりが見えてきたというか、良い話題だと思いましたね。変異株の広がり次第ではどうなるか分かりませんが、早く日本もそうなってほしい。

知念 いい話題ですね。あとは日本がどれだけのスピードで接種できるか。普通の冷凍庫で2週間ほど保管できるようになったので、ウチのようなクリニックでも扱えます。日本はかかりつけ医制でクリニックが多く、この前などはインフルエンザのワクチンを、1〜2カ月の間に6400万人分打てた。今回もうまく運べばそのようにできますが、一方で世界ではワクチンの取り合いが起きている。正直、僕もここまで効果のあるワクチンができるとは思っていませんでした。呼吸器感染症だから6割くらい発症を防いでくれれば御の字と思っていたら、想像以上に強いワクチンができた。もし変異株で、既存の免疫をすり抜けるエスケープ変異みたいなのが現れても、ワクチン自体は数週間で新しいのができると思いますが、この治験はどうなりますか。

忽那 そうですね。そこはまた研究承認という形になると思っています。南アフリカの変異株については、現行のワクチンの効果が下がるだろうと言われています。中和活性が、大体3分の1くらい落ちるとする基礎実験の結果が「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」に出ていますが、全く効かなくなるわけではない。ワクチンの効果がなくなるわけではないので、変異株の広がりを警戒しつつ、早急にワクチン接種を進めていくことが大事だと思います。

知念 接種を続ける中で、追加のワクチンが必要になるようなイメージですか。

忽那 そうですね。季節性インフルエンザワクチンのように、年に1回、その時の流行株に合わせて追加のワクチンを作ることになるかもしれないですね。


■メリットの方が大きい


知念 この新型コロナは動物にも感染するので、消えることは絶対ないと思う。最終的な終わり方は、みんながある程度ワクチンを打ち、致死率が下がってインフルエンザみたいに馴染むか、もしくは、ワクチンを打っていない人たちの間でエピデミック(特定の地域で短期的に起こる集団感染)を起こす程度になるか。どちらかになる気がしますが、感染症の専門家の皆さんはどうお考えでしょうか。

忽那 私は先生がおっしゃった前者の方じゃないかなと思います。皆さんがワクチンを打つことによって、重症者や亡くなる人が減り、人類の脅威としての度合いも下がっていく。そうなれば、社会全体でコロナに対するガードを上げている状況が、だんだんと緩んでいくと思います。オンライン会議とかは絶対なくならないと思いますが(笑)。

知念 楽ですもんね(笑)。そうなるかどうかは、ワクチン接種のスピードによって変わってきますよね。

忽那 そうですね。あとは変異株の広がり次第ですね。

知念 ただ、変異株が出る速さは、感染が広がれば広がるほど上がります。

忽那 そうそう。それはやっぱり伝播が起こる回数と比例して、変異が起こりやすいはずですから。とりあえず感染者数をしっかり抑え、今のうちにワクチン接種を広げるのが、一番正しいやり方だと思いますね。

知念 まずワクチンをしっかり打って、その状況次第で対応を考えていく社会へと最終的にはなっていくのかなと。誰もが、自分だけでなく周囲の人を守るためにもワクチンを接種して、早くかつての日常が戻ってきてほしいと願います。

忽那 やっぱり、副反応のこともあるし、ワクチンの成分にアレルギー反応を示す人もいる。みんながみんな打つというのは難しくても、基本的にはほとんどの人が問題なく打てる状況にはなった。副反応と効果を天秤にかけるなら、今のところは大半の人にとってメリットの方が大きいと個人的には思っています。最後は個々の判断になるので強制はできませんから、我々も正確な情報を提供していくしかありません。これを機に、皆さんも正しい情報を吟味する習慣を身につけていただければと思います。

知念 米国では第2次大戦を超える数の死者が出て、世界的に大きな経済的損失が生じている現況で、これはもうウイルスを相手にした「情報戦」だと思います。我々医療者も積極的に情報提供をしていくので、新潮さんをはじめメディアの方々もみんな一丸となって、ウイルスに立ち向かっていきましょう。この一年、暗くて長いトンネルにいた気持ちでしたが、ワクチンの登場でようやく光が差してきた、出口が見えてきましたから。

知念実希人(ちねんみきと)
小説家・医師。東京慈恵会医科大学卒業。2004年から医師として勤務。12年『誰がための刃』で作家デビュー。18年『崩れる脳を抱きしめて』で広島本大賞、沖縄書店大賞を受賞、本屋大賞にノミネート。他に『天久鷹央』シリーズ、『螺旋の手術室』『ひとつむぎの手』など著書多数。

忽那賢志(くつなさとし)国立国際医療研究センター 国際感染症センター 国際感染症対策室 医長 国際診療部 副部長(兼任)
感染症専門医。2004年山口大学医学部卒業。12年より国立国際医療研究センター 国際感染症センターに勤務。感染症全般を専門とするが、特に新興再興感染症、輸入感染症の診療に従事し、水際対策の最前線で診療にあたっている。

「週刊新潮」2021年4月15日号 掲載

関連記事(外部サイト)

×