中国当局からスパイ容疑で116日間拘束された「在日華僑」 “恐怖の取調べ”と“真の狙い”を語る

中国当局からスパイ容疑で116日間拘束された「在日華僑」 “恐怖の取調べ”と“真の狙い”を語る

劉勝徳会長(撮影・吉村剛史氏)

■精神的な拷問


「王は何を言ったのか」「王と会話したのは何度か」……。延々と続く取り調べの中身は鮮明に記憶している。「彼らは王毅さん(※註1)のことを『王は……』と呼び捨てにし、日本での言動を徹底的に洗い出そうとしていた」――こう証言するのは、岡山県華僑華人総会の劉勝徳(りゅう・かつのり)会長(75)だ。(ジャーナリスト・吉村剛史)

 ***

※註1:王毅(67)。中華人民共和国国務委員兼外相。2004〜07年、駐日大使を務めた。

 劉氏は1946年、島根県出雲市生まれの在日華僑二世。父親は福建省出身で、家業の衣料品店は継がず、長年、中国公館とも連携して在日華僑・華人、中国人留学生の地位向上や生活、学業支援、日中友好行事や交流促進行事などに尽力した筋金入りの華僑活動家だ。

 30代で岡山に出て中華料理店の支配人を務め、その後、本国の支援も得て独立を果たし、一時は地元で名の通った中華料理店「天安門」の経営者となった立志伝中の老華僑で、西日本華僑・華人社会の重鎮としても知られている。

 ところが2016年11月22日、通訳の中国人男性と一緒に江蘇省蘇州市内で身柄を確保され、約1カ月後に天津に移送。翌2017年3月17日まで、計116日間にわたって厳しい尋問を受けた。

「男たちは国家安全部所属と名乗り、『スパイ容疑で拘束600日』と告げ、以後、私は24時間、彼らの監視下に置かれた」(劉氏)

「銃殺刑とか拘束10年もあり得ると脅された上に、連日連夜の取り調べ。かつての王毅駐日大使との関係や、王毅氏が岡山県での公演で語った内容を繰り返し聞かれた挙げ句、ポリグラフ検査(うそ発見器)にまでかけられた」(同)


■最初は大歓迎


 岡山市の自宅に帰宅を果たした直後、A4判用紙11枚分の“拘束・拷問体験記”、「岡山県華僑華人総会 業務訪中時 身柄拘束事件」を日本語で一気に書き上げた。

 その詳細は先ごろ上梓した拙著『アジア血風録』(MdN新書 https://amzn.to/3t3lldI)に詳しい。今回、劉氏は改めて私のインタビューに応じ、「中国共産党の恐怖政治に物申したい」「誇りに思える祖国であってほしい」と心境を吐露した。

『アジア血風録』の中でも、体験記は引用している。少し長いが再引用させていただこう。

 劉氏が書き上げた“拘束・拷問体験記”は次のように始まる。(以下、文中の※は筆者補足)。

《二〇一六年一一月二一日(月)岡山空港から中國東方航空を利用し、張家港市澳洋病院(※張家港澳洋医院)へ。招待総会業務打ち合わせの為、部下の姜××君(通訳=※原文は氏名ともに記録、当時の総会事務局長)と共に出発。(※中略)(※上海)浦東(※国際)空港で招待病院からの出迎えの方と合流。一路病院へ。(※中略)(※病院長らからの)歓迎と出迎えを受け院内視察。いよいよ目的である今後の(※医療ツアー)相互協力の会議に入る。

(一)澳洋病院国際センターは、岡山県華僑華人総会・中國旅行社との協力のもと事業展開を行う》


■「中国国家安全部です」


《翌日、出発時間まで蘇州・拙政園(※世界文化遺産の明代の庭園)観光、浦東空港へ……。とのスケジュールで、朝食後、蘇州へ出発。
 小雨が降りしきる中、拙政園観光を終え、昼頃浦東へ出発しようと駐車場へ……。五〜六人の男性に取り囲まれ、(※日本語で)「劉勝徳」という声が。「中国国家安全部です。少し聞きたい事があるので車に乗ってください」と指示され白っぽいワゴン車(※の後部座席)に乗り込む。助手席の男はハンディ(※ビデオ)カメラを私に向けている。両サイドを体格のいい若者に挟まれた》

《姜君とは別々に車は出発。車内では、メガネ・パスポート・携帯を取り上げられ目隠しをされる。日本語で「安心してください。危害を加えることはありません。聞きたいことがあるので協力してください!」との声が。
 市内を二〇〜三〇分走っただろうか……。降りてくださいと言われ車から降りた。案内された部屋で目隠しをはずされる。そこは、蘇州のホテル(拘束者専用)の一室。ここで一か月過ごし、その後、天津のホテル(同じく拘束者専用だが、蘇州よりも豪華だ)に新幹線で移動し、ここで三か月を過ごすことになる。
 取り調べの時、二台のカメラがこちらを写している。二人の尋問者、通訳、記録員が「劉さんお昼の食事まだでしょう? お腹のほうは大丈夫ですか?」と聞く。食事どころではない! 早く終えてくれ!! という気持ちと、何でこんな事に? という気持ち》


■収容施設へ


《(※彼らは)二枚の紙を読み上げる!「スパイ容疑!」「六〇〇日拘束・居住監視二名がつく……」との事。私がスパイ容疑? 軍事機密を探った事もなければ聞いたこともなく、話せば理解してもらえるはず!
「その紙は私に対してのもの、私にください」と言っても無視される。
「私達は天津国家安全部(※天津市国家安全局)です。あなたをスパイ容疑でいろいろ尋問します。本当のことを事実に基づいて言ってください。中国共産党は本当のことを言って反省すれば、きっと早く良い結果が出ます」から始まり、翌朝四時まで取り調べが……。少し睡眠、七時起床。八時朝食、九時半〜昼まで取り調べ、一四時半〜一七時まで取り調べ、一九時半〜二一時まで取り調べ、二二時か二三時就眠。こんな状況が連日延々と続く。部屋は夜も灯りをつけ二名の監視員と一緒》

 その収容施設が「拘束者専用」であるのは「造りから一目瞭然だった」という。取り調べに際し、「劉さんの場合、銃殺や拘束10年もあり得る」と脅してきた係官からは、弁護人の要不要を問われたが、官選の弁護などは無意味だと思い「要らない」と断った。

 劉氏によると、岡山県華僑華人総会は従来「中國旅行社」事業としてビザ発給業務を行い、1件あたり5000円程度の収入を得てきた。

 しかし、習近平時代に入って以降は、東京、名古屋、大阪のビザ申請センターに集約されるようになり、手数料収入も減少。そんな折、中国江蘇省蘇州市付近にある張家港澳洋医院と協力して、中国の富裕層らに日本の高度な医療サービスを提供する医療ツーリズムの事業展開案が持ち上がっていた。


■24時間の監視


 2016年11月の中国訪問は張家港澳洋医院からの招待で、同病院と医療ツアーを実施・展開する上での打ち合わせが目的の1泊2日の出張だったが、劉氏は「この事業の話自体が、私を蘇州に呼び出すために作られた虚構の話だったのではないか」との疑念も抱いている。

 ちなみに男たちが名乗った「天津国家安全部(天津市国家安全局)」は、日本の公安調査庁や警察の外事部門においては対日本情報工作(防諜など)も任務と目されている。

 いずれにせよ劉氏は、突然の拘束で通訳の男性と引き離され、蘇州・天津の収容施設で、居室と取調室を往復する休みない取り調べを受けることとなった。期間中は「カーテンで窓の外は見えず、テレビはもとより新聞、雑誌もない。精神的にも拷問だった」という。

 途中、高速鉄道による天津移送の際は、自身の調べを担当する計26人の係官が取り囲む中、一般乗客の乗車後に専用車両に乗車。施設の出発、到着時を除いて目隠しは外された。車中では駅弁も至急されたが、手をつけなかった。到着駅の構内を歩く際、自身の目で「天津西」の駅名を確認した。

 拘束期間を通じ、男性と女性の担当医師も付いて「毎朝の血圧測定などで健康管理も行われたが、カメラと係官に24時間行動を監視され、就寝時も点灯するから明るくて眠れず、いつも毛布を頭からかぶって寝た」という。


■極刑の示唆も


 三度の食事内容は中国の一般家庭料理風。日本生まれ、日本育ちの70歳の劉氏の口には「脂っこくて口に合わなかった」といい、「帰宅時には体重が大幅に減少していた」とも。

 ただし、天津の収容施設は蘇州に比べて部屋も広く、石鹸やティッシュなど日用品のグレードも高く「高級幹部用に思えた」。食事も天津包子(肉まん)など劉氏にも食べなれたものが出るようになり、「随分マシだった」という。

 だが、トイレに行くにも挙手して係官に申告が必要な不自由さは変わらず、「当初の約40日間は、慣れない環境の中、風邪などで体調を崩すことを懸念し、入浴を申請する気にもなれなかった」と振り返る。

 拘束されている間、理不尽な思いでいっぱいだったという劉氏は、「同胞を支援してきた私がなぜスパイなのか」と猛抗議した。

 取り調べ官は、極刑や長期拘束の可能をにおわせつつ、岡山県華僑華人総会の元職員が日本の公安当局に公開行事日程表などを提出していたことに対しての監督責任を追及した。

 その上、劉氏の中国の外交官との交際を質し、中でも駐日大使時代の王毅氏との関係について「特に念入りに聞かれた」という。“拘束体験記”から再び引用した『アジア血風録』の該当部分をご紹介する。


■しつこい取り調べ


《二〇〇五年頃(※岡山県華僑華人総会で)採用した(※女性)元事務局長(※天津出身)と(※日本の当局との間で)機密文書を渡したとか……。五〜七年前(※二〇一〇年前後のこと)に退社した彼女と(※日本の公安・外事当局の)担当者との繋がりと、彼らとのやり取りを私が見たこと・聞いた事があるかと、二人の尋問者がしつこく聞いてくる。「知っていれば言うが、知らないことは言えない!」。
 あまりにもしつこい取り調べにこちらも腹を立てケンカに! しかし、こいつらのペースに乗ってはダメ!! と強く自分に言い聞かせ、気分を落ち着かせる。決してペースに乗らないぞ、と心の中で繰り返す》

《(※取り調べの)ボス曰く「あなたは、海外華僑では初めての拘束者。岡山・日本では有名人。大使・総領事とも良い関係を築いている…。困難な同胞を助けている劉さん。私たちがここまでするのは理由がある」との事。
 今回私を拘束した本当の目的は、私が長い間華僑(※の地位向上)運動を行い、(※中国の駐日)外交官との絆を持っている事で、外交官に個人的なサポートをしていると断定した上で、公務員の(※中の汚職体質の)大きなトラ、小さいハエをたたく運動の中で(※実情を)聞き出す事である(※という)。(※しかし)彼等のしつこい取り調べが、多くの冤罪者を作り出すのではと懸念される。私は、彼等より長く運動体験をしており、強い精神で彼等とやりあった。精神的に弱い者は、彼等の(※狙った人物の不利になるような証言が巧みに引き出され)筋書き通りになっていく事が懸念される》


■醒める祖国愛


《(※中国の)国内の問題に海外華僑を巻き込むのはやめろ! と声を「大」にして言いたい。又、私が知る外交官の名前が出てきたが、私の知る限りそれぞれのポジションで立派に仕事をされているので、その状況を話すのみ!》

 拘束の背後には、「トラもハエも叩く」として、習近平指導部が強力に推し進めた「反腐敗」運動とともに中国国内の権力闘争の影が垣間見える。そして、劉氏への尋問は、いよいよ核心部分に入る。

《私を七〇歳(※当時)で拘束。七〇歳の私に「二〇〇五年、王毅大使(※当時)を岡山に迎えて講演したのはなぜ? 講演内容を話しなさい!」……(※講演が)二〇〇五年であった事自体忘れており、講演内容の細かい所まで覚えていない……「想一想(※シャンイーシャン)(※考えなさい)。安全部は何時間でも待つが、早く日本に帰りたいのなら想一想! 想一想!」とのこと。無理な“想一想”である。
「活動経験上偉い人の話は大体理解しているのでまとめて話す」と……。
「劉さんの考えでしょう! それはダメです。劉さんの意見ではなく本当の事を言って!!」というやり取りが続く。(※中略)》

 取り調べ官らの態度に憤慨し、「祖国愛も一気にさめる思いだった」という劉氏は、改めてこう語った。


■狙いは王毅氏?


「確かに王毅大使には岡山で講演をしてもらった。しかし、事務方の仕事に忙殺され、当日も講演内容を詳細に記憶するほどじっくり聞いていないし、祖国に対して不都合な話題が出たわけでもない。また中国の正月を祝う春節祭や、建国記念の国慶節といった総会関連行事の日程、式次第を総会事務局が日本の公安、外事当局に提示したところで、公開情報ばかり。何が問題なのかさっぱりわからなかった」

「ただし、王毅さんのことを繰り返し聞かれたので、狙いはそこか、と察しはついた。『王とはいつからのつきあいか』『王と会ったのは何回くらいか』『何度電話で王と話をしたか』など。『知らんがな、そんなもん!』と言いたかった。いちいち覚えてなどいない。理由は何であれ、とにかく私を拘束し、脅して取り調べれば何かしら王毅さんの弱みが握れるかもしれないと見込み、勇み足による拘束だったのだろう。途中ポリグラフにもかけられたが、自分自身に強い意思がなければ、王毅さんの失脚などにつながるような話に無理やりこじつけられ、彼らが考えた筋書き通りに取り調べが運んだかもしれない……」


■狙われた王毅氏?


 北京市出身で、北京第二外国語学院で学んだ王毅氏は、英語、日本語に堪能で、2004年から07年まで駐日大使を務めた。

 習近平氏が国家主席に就任した13年には、党の「エリート養成機関」である共産主義青年団(共青団)出身の李克強・国務院総理(首相)のもとで外交部長(外相)に就任。また18年には国務委員にも就任した。

 一方、中国共産党の古参幹部を父に持つ太子党出身の習氏は、大規模な汚職撲滅キャンペーンを展開。その中で、上海閥の中心、江沢民・元国家主席に近いとされ、胡錦濤(共青団)時代に政治局常務委員を務めた周永康氏が、同ポスト経験者は汚職摘発されないという不文律を破って逮捕、党籍剥奪され、無期懲役判決を受けるケースもあった。

 一連の「反腐敗」運動の背後には、太子党、共青団、上海閥が入り乱れた権力闘争の一面が指摘されており、王毅氏もこの延長でターゲットとされ、身辺が調査されていた可能性がある。

 経済的に急成長し、軍事力を強化してきた中国。習近平指導部は米国との対立を深め、ウイグル族の弾圧をはじめ、香港、台湾への強権的姿勢を隠さなくなっており、国際社会もその動向を危惧している。


■公安も調査


 先の日米首脳会談でも台湾海峡の平和と安定の重要性が確認され、日米が連携して中国対峙する姿勢が浮き彫りになったが、中国は対外的に強圧的な「戦狼外交」を展開している点などから、日本の中国研究者らは「(あの有能な外交官だった王毅氏も)いまや力の外交をするだけの『戦狼王』に成り下がった」と落胆する声も出ている。

 しかし、その裏では王氏も習指導部に徹底的に身辺を調べ上げられた結果、がんじがらめになっている可能性もありそうだ。

「反スパイ法」を制定、施行した中国では2015年以降、香港や海外で暮らす中国人だけでなく、日本人も拘束される事例が相次いでいる。

 だが容疑や拘束の詳細については、中国当局の報復などを恐れてか、誰もが解放後も口をつぐんでいるのが実情で、具体的にどんな行為が法に抵触したのか、詳細は不明だ。

 劉氏のように「祖国のためにも、おかしいことは、おかしいと声をあげる」というケースは極めて稀で、日本の公安、外事当局の関係者らも、帰宅後の劉氏の言動は「注目に価する」と、調査、分析の対象としている。


■意識の「ずれ」


 劉氏が拷問に近い取り調べにも耐えることができたのも「自分は40年間同胞を助け支援してきた」という確たる信念があったからだという。

 在日華僑・華人社会は、日本人には一枚岩のように思われがちだ。しかし1970年代までに海外に移住・定住していた老華僑・華人と、改革・開放の流れで70年代後半以降に出国した新華僑の意識には「ずれ」もある。

 特に、最近の来日中国人のマナーの悪さなどでは、「長い年月をかけて日本社会で築いた自分たちの信用が崩れる」として、快く思わない老華僑・華人も少なくない。

 劉氏も日本社会に不慣れな中国人留学生にゴミの出し方などの公共ルールや近所づきあいのマナーまで指導し、自身が経営していた中華料理店のアルバイトも開放して経済的に学業支援するなどしてきた。

 2010年に中華料理店をたたんだ後も、日中の相互理解促進や、新華僑・老華僑の融和に熱心に取り組んできた。


■取り調べの変化


 もちろん、これまでの劉氏は、中国にとって日本での中国の影響力を強化する事実上の「有能な工作員」という一面もあっただろう。

 実際、劉氏は1985年ごろに中華理店の支配人から独立した際も、「愛国的である」として北京市政府要人から一流ホテルの料理人の斡旋を受けた。

 店は、来県した李鵬首相をはじめ、訪日中国要人を迎える機会も多く繁盛した。台湾の李登輝元総統が総統退任後の2001年4月、倉敷市の倉敷中央病院で心臓カテーテル手術を受けるために来県した際は、台湾を「不可分の領土」「核心的利益」とし、李氏を「台湾独立勢力の総代表」とみなす本国の意向に沿って訪日反対運動も展開した。

 そうした自身の「功績」を蔑ろにされた、という思いが強かったのだろう。手記の文面には「祖国からのスパイ扱い」に対する強い憤慨がにじみ出ている。

 ところで、当初は「拘束600日」と告げられたものの、実際には116日目に帰宅できた。その理由について劉氏は「聞かされていない」という。

「私を叩いても何も出てこないと判断したのではないか。最後の方は取り調べの中で、私の日本での活動への称賛などが増えていった。これ以上調べても無駄だと判断したのだろう。解放前には態度も親切になっていった。監視員らも『英語や法律の勉強を長くしている』だの、『テコンドーの天津大会で優勝した』だのと、雑談に応じるようになっていた」


■「中国本土には行きません」


 解放されることが決まった時、手記には以下のように記されている。

《(※二〇一七年)三月一六日リーダーから、チケットが取れたから明日天津から関西空港へ帰国させる……とのこと。なんと、四か月ぶりの解放だ!! しかし……(※通訳の)姜君はすでに日本に帰っているのかどうか確認したところ、まだとの事。「私だけ先に帰る訳にはいかない、一緒に帰してくれ!」と言うと、「もう少し(※取り調べ)業務が残っているので……。済んだらすぐ帰します。中国共産党を信頼してください!」という返事。その言葉を信じて先に帰国する。三月一七日昼過ぎ、大阪(※関西国際空港)へ到着。二人の子供が迎えに来て再会を喜びあった》

 劉氏は帰宅に際し、天津の当局に保証金5000人民元を預け、復路の航空券を自費で購入し解放が決まった。

 もっとも「帰宅後も1年間は日本の当局やメディア関係者らに何も話すな」と念を押され、実際に当初は2週間に1回、後には1カ月に1回、天津当局から国際電話があり、「誰と会ったかなど、行動を聞かれた」という。

 帰宅から1年後の2018年春、天津の当局から「預かった保証金を取りにくるように」と促されたが、劉氏は「もう2度と中国本土には行きません」と拒否した。


■中共の恐怖政治


 通訳の男性は劉氏に約1カ月遅れて4月14日に日本へ戻った。後から聞くと、男性は天津には送られず、日本に戻る直前は長春の実家に帰されるなど、劉氏とは扱いが違ったようだ。

 劉氏は「岡山県華僑華人総会では、私の拘束で他の会員は委縮してしまい、総会連絡用のチャットからも中枢メンバー30人が抜けるなど、総会運営は混乱した。帰宅直後の会長改選にも立候補者はゼロ。しばらくは副会長などの役職者は一切なしで、会長と会員だけという期間もあった」と振り返る。

 米中の対立がますます先鋭化するなか、最後に「中国国内の力関係に左右されるわれわれではない。信念に基づき行動するのみ」と締めくくった劉氏は、

「完全に先入観と思い込みによる勇み足で身柄拘束された。彼らの真の狙いは王毅氏だった。私は祖国の権力闘争に巻き込まれたのだとしか思えない」

 と心境を吐露。

「こんな思いをするのは私で最後にしてほしい。どうか立派な、誇りに思える祖国であってほしい。私なりの愛国心から、中国共産党の恐怖政治に意見したい。おかしいことはおかしいと、誰かが指摘し続ける必要がある」と語った。

吉村剛史(よしむら・たけし)
1965年、兵庫県明石市出身。日本大学法学部卒。在学中の88〜89年に北京大学に留学。90年、産経新聞社入社。東京・大阪の両本社社会部や僚紙『夕刊フジ』関西総局で司法、行政、皇室報道等を担当。台湾大学社費留学、外信部を経て台北支局長、岡山支局長、広島総局長などを歴任。2017年、日本大学大学院総合社会情報研究科前期博士課程修了(修士・国際情報)。19年末退職。以後フリーに。日本記者クラブ会員、東海大学海洋学部講師。主なテーマは在日外国人や中国、台湾、ベトナムなどアジア情勢。著書に『アジア血風録』(MdN新書)等。

デイリー新潮取材班編集

2021年5月21日 掲載

関連記事(外部サイト)