「東京スカイツリー」が10年目に突入 2つの新たな“仕掛け”で集客力に期待

「東京スカイツリー」が10年目に突入 2つの新たな“仕掛け”で集客力に期待

「東京ミズマチ」から見上げたスカイツリー

“日本の新たなシンボル”との呼び声高く東京スカイツリーが開業したのは2012年5月22日のこと。昨今はコロナ禍による観光客減に苦戦する、10年目を迎えたツリーの今を取材した。

 ***

 東京タワーに代わる電波塔として、墨田区押上でスカイツリーの着工がはじまったのは08年。およそ3年半を経て完成した高さ「634m」は、10年前も今も世界一の高さのタワーである。

 開業当時は高い注目を集めた。開業から50日間は、展望台に上るためのチケットは抽選制。2万3000あった枠に14万件の申し込みがあり、開業当日の正午枠は実に335倍の倍率になった。

 運営元である東武鉄道は、初年度のタワーの入場者数を400万人と見積もっていた。ところが実際には、これを150万人以上も上回る554万人がツリーに押し寄せた。水面に映る“逆さツリー”が見られる「十間橋」も人気を博し、1日に300人以上が集まり、写真撮影待ちの行列をつくった。

 しかし、こうした開業バブルは長くは続かなかった。

「翌13年度のタワー来場者数は619万人でした。前年度より増えはしたものの、これは東武鉄道の事前予想を25万人も下回る結果でした。高層ゆえに天候に左右されやすく、展望台がたびたび営業休止になったためでした。さらに14年度は531万人と、3年目にして入場者は前年割れとなりました」(経済誌ライター)

 以降、入場者数は微減がつづき、新型コロナのため臨時休業が実施された19年度の来場者は360万人と400万人を割った。5月14日に発表された20年度の来場者数は、78万人。緊急事態宣言が出された今現在も、タワーは営業休止を余儀なくされている。

 コロナの悪影響は、ツリー周辺の飲食店にも及ぶ。本来は観光客でにぎわうはずの休日昼に訪れると、ツリーの前を走る浅草通りにはシャッターが目立った。

「去年の2月頃は、お客さんが減っちゃって地獄だったよ」

 とは「そば処 かみむら」のご主人だ。大きな海老天が3本のった「タワー丼」を出す店として、たびたびメディアにも取り上げられてきた。

「外国からのお客さんが増えたのは、ツリー開業の4年目から。台湾のユーチューバーにも紹介されて、コロナ前の土日は注文がひっきりなしだった。でも今は、ご覧のとおり観光客は減った。店を開けていなくても給付金はもらえるから、閉めているところは多いね。でもうちはやってる。だって今、本当に辛いのは問屋さんだよ。割りばし屋さんにしても、そば粉屋さんにしても、飲食店がやってないから苦しいの。だから問屋さんのためにも、お店を開けている。うちはここで50年やっているから、地元のお客さんにも助けられている。でも、観光客だけを相手にしてきたお店は、厳しいだろうね」

 お膝元の店からは東武鉄道に対し、“休業せずにスカイツリーは営業すべし”という声もあるというが、

「それはまた違うよ。これまでスカイツリーに助けてもらっているんだから、こういう時は協力しなくちゃ」


■浅草―ツリー間を歩かせる仕掛け


 奮闘するツリーのお膝元。ツリーは休業中でも、その下の商業施設「東京ソラマチ」は営業を続けている。

「平日はやはり閑散としていますが、この日曜日(※16日)に訪れた時には、ソラマチに人出はありました。遠出しにくい分、“マイクロツーリズム”の需要があるのでしょう。『元祖食品サンプル屋』などが出店する外国人観光客をターゲットにした『ジャパンスーベニア』エリアは一部の店を閉めていますが、それ以外は時短営業で店を開けています。タワー、そして隣接の『すみだ水族館』も休業している割には、頑張っている印象です」

 と証言するのは、流通アナリストの渡辺広明氏だ。渡辺氏はチケット抽選に当たり、12年5月22日の開業から6日後にツリーに上ったことがあるそうだ。当時から、ツリーそのものよりこちらの「ソラマチ」が、事業の成功を左右すると考えていたという。

「東武鉄道は、タワーやソラマチを含む『東京スカイツリータウン』の集客目標を年間3200万人に設定していました。しかし、12年当時の東京ディズニーリゾートの年間来場者数が2500〜2700万人でしたから、なかなかハードルが高いと感じていました。当初、タワーの入場料金は高く、小学生の子供を2人つれて一家4人で展望回廊まで上るとなると、ゆうに1万円は超えたのです。19年に値下げされたものの、今でも8800円します(※休日料金、前売り券)。となると、タワーのリピートは見込みにくく、ソラマチでいかに集客できるかが3200万人クリアの鍵だったわけです。初めは集客できても、“開業バブル”が弾けた3〜4年後には難しいのではと思っていました」

 ネックのひとつには、アクセスの悪さがあった。

「東武鉄道の『とうきょうスカイツリー駅』から直結しているものの、実際のメイン駅は『押上駅』です。首都圏の在住者にヒアリングすると“押上駅が都心から離れいて不便”“押上からツリータウンまでも距離がある”というのが再訪の妨げになっていた。そうした客に“わざわざ”来てもらうならば、近くの浅草との連携が不可決だったわけです」(同・渡辺氏)

 もっとも結果的にいえば、15年から大きく伸長した訪日外国人消費も手伝って、19年度まで“年間3200万人”は達成できた。さらにアクセスの問題も、こんな形で解消されつつある。

「昨年6月に、隅田川を渡る歩道橋『すみだリバーウォーク』と、東武鉄道の高架下施設『東京ミズマチ』がオープンしました。『リバーウォーク』は浅草とスカイツリーを最短で結ぶ橋で、周辺散策が便利に。『ミズマチ』はお洒落なカフェやスイーツショップなどがテナントに入っており、浅草とツリーの間にも楽しみが生まれました。どちらも浅草―ツリー間の1・5キロメートルを歩かせる良い“仕掛け”だと思います。時期が時期だけに大々的にPRしにくく、まだそれほど利用者はいませんでしたが、コロナ禍が明ければ“新しくできたし行ってみよう”とツリー再訪を促すきっかけになると思います」(同・渡辺氏)

デイリー新潮取材班

2021年5月22日 掲載

関連記事(外部サイト)