「ドン・ファン元妻」起訴 無期懲役も十分あり得るワケと裁判闘争の行方

「紀州のドン・ファン」野崎幸助氏の元妻に厳しい判決が予想 無期懲役もあり得るとも

記事まとめ

  • 「紀州のドン・ファン」野崎幸助さんが殺害された事件で元妻の須藤容疑者が起訴された
  • 長期化が予想される裁判では厳しい判決が予想され、無期懲役も十分あり得るという
  • 一方で、起訴容疑を立証できるかというと十分ではないと指摘する声もあがっている

「ドン・ファン元妻」起訴 無期懲役も十分あり得るワケと裁判闘争の行方

「ドン・ファン元妻」起訴 無期懲役も十分あり得るワケと裁判闘争の行方

殺害の対価を想定していたのか?

■殺害の直接証拠を得られていない中で


 和歌山地検は5月19日、「紀州のドン・ファン」と呼ばれた会社経営者・野崎幸助さん(当時77歳)が急性覚醒剤中毒で殺害された事件で、元妻の須藤早貴容疑者(25)を殺人罪と覚醒剤取締法違反(使用)で起訴した。長期化が予想される裁判では厳しい判決が予想され、無期懲役も十分あり得るという。

 社会部デスクによると、

「須藤被告は逮捕時に容疑を否認して以降、黙秘を続けているようです。地検は“殺害を立証できる証拠が集まった”としていますが、須藤被告が野崎さんに覚醒剤を飲ませたという目撃証言もなければ映像などの直接的な証拠もなく、覚醒剤を口から摂取させたのか否かなど、具体的な方法なども特定できていないのは事実です」

 殺害の直接証拠を得られていない県警と地検が描くストーリーは以下の通りだ。

・事件の約3カ月前となる18年2月に結婚した際の条件は、野崎さんが須藤被告に月100万円を渡すこと。しかし須藤被告は結婚後も和歌山・田辺市内の野崎さんの自宅には常駐せず、主として都内で生活していた。

・野崎さんは須藤被告に関する不満を周囲に漏らすようになり、被告と激しく口論する姿も目撃された。結婚式は須藤被告が嫌がったことでキャンセルされ、3月末ごろには、離婚話が持ち上がった。


■どうやって覚醒剤を飲ませたかの立証


 ストーリーを続けると、

・須藤被告のスマホを解析し、覚醒剤の密売人と同じ時間・場所にいたことを示す位置情報も突き止めた。事件前、野崎さんから離婚話を切り出されていたことも含め、2人の関係悪化や13億円にのぼる遺産が殺害の背景にあるとみている。

・野崎さんには愛犬の葬儀を営む予定があり、自殺の動機はなく、覚醒剤を常用していた痕跡もない。

・当時、覚醒剤を混入できたのは須藤被告か、お手伝いさんのどちらか。お手伝いさんには事情聴取などを通じ、絶対に犯人ではないことがわかった。したがって、須藤被告以外に覚醒剤を混入する機会がある人物はいない。

 先の社会部デスクは、

「地検はこれまで県警の捜査結果に納得していなかったのですが、密売人と接触していた可能性が極めて高いことがスマホの解析結果から割り出されたことで、逮捕にゴーサインを出しました。とはいえ、起訴容疑を立証できるかというと十分ではないと指摘する声もあります」

 と話す。その“慎重な見方”について紹介してもらうと、

「密売人が証言台に立ち、須藤被告が密売人から覚醒剤を入手したことは立証できる可能性は高いかもしれません。しかし、それを野崎さんに飲ませた具体的な方法を解明できないなら、どうやって殺害と結びつけるのか難しい案件にも見えますね」

 県警は野崎さんの遺体に加えて、台所の床と掃除機から微量の覚醒剤を検出しているが、それらが同一であることを証明することは難しい。

 さらに、「本当に須藤被告以外に覚醒剤を飲ませることはできなかったのか」という点についても、

「本当に完全な密室だったのか。第三者が入室して犯行に及ぶ可能性について突っ込まれた際にそれを完全に潰せる材料があるのかという専門家の見方もないわけではありません」


■詐欺事件に和歌山県警の執念


 その一方で、あるヤメ検弁護士(検察官から弁護士に転じた)は、この記事に注目したという。

〈和歌山県警は19日、札幌市の知人男性から現金約1170万円を詐取したとして、資産家殺害事件で起訴された元妻、須藤早貴被告(25)を詐欺容疑で再逮捕した。関係者への取材で分かった。再逮捕容疑は平成28年1月18日、札幌市内で、トラブル解消の慰謝料名目などで当時61歳だった知人男性に約1170万円を自身の口座へ振り込ませ、詐取したとしている〉(産経新聞2021.5.19)

 図らずも起訴と同日の詐欺容疑での再逮捕である。当のヤメ検弁護士に見解を聞くと、

「野崎さんとは違う男性に関して、詐欺での再逮捕というのは和歌山県警の執念を感じさせました。今回は裁判員裁判の対象となりますが、その場合、覚醒剤、殺人、そして別件とはいえ詐欺という事件に関与した人物の量刑は重く厳しいものとなっています」

 もちろん、裁判所の心証は悪くなりがちだ。

「検察側は、野崎さんとは慰謝料目当ての結婚で離婚を切り出されて得られるはずの慰謝料が手に入らないことを恐れて犯行を思い立ったというストーリーを描いているわけですが、この詐欺事案は“お金がない状態で詐欺を働く女性”だという印象付けとして効果的です。単独では起訴が難しそうな案件であっても、殺人とセットにされると裁判員裁判で被告人は詐欺を否認しがたい部分があります。腕の良い弁護士がつかないと無期懲役は十分にあり得ると思います」


■荒唐無稽なストーリーも用意か


 須藤被告には差し当たって、和歌山県内の国選弁護人がついているという。

「それが良くないとは言いませんが、どこまで積極的にやってくれるか。3年間、県警の任意の事情聴取に否定を続け、逮捕後の取り調べでも否認や黙秘を続けているというのは心証が悪すぎて彼女をかばう人はいない。報道を見ていると、“下着を洗濯するという感覚もなく、後でゴミとして捨てていた”といった証言や長くて綺麗なネイルでスマホをいじっている映像が頻繁に流れていましたが、勾留生活に耐えられるとは思えず、証拠が開示された後、弁護士の何らかの説得に応じる可能性はあるかもしれません」

 それはともかく、須藤被告は公判で様々なシナリオを展開することも想定されている。

「例えば、“夫婦の危機だと夫は言っていたかもしれないが、夫婦のことは2人にしかわからない。夫婦の危機を回避するために覚醒剤を介しての性行為を提案して快諾を得た。摂取方法はカプセルで全て同意の元で行われたが、予想外の反応で死に至った”などといった論理を展開するかもしれませんが、そういったことは検察も織り込み済みで、裁判員裁判の構成員となる一般市民にも“荒唐無稽”と一蹴される可能性が高いでしょう」

 カネ目的の結婚が夢破れそうになったから殺害に至ったというストーリーはとてもわかりやすいだけに、裁判員裁判となる地裁判決は無期懲役になる可能性は十分ある。焦点は高裁での判断と言えるかもしれない。

デイリー新潮取材班

2021年5月25日 掲載

関連記事(外部サイト)