事件現場清掃人は見た 孤独死した「80代女性」が唯一心の拠り所にしていたモノとは?

 孤独死などで遺体が長時間放置された部屋は、死者の痕跡が残り悲惨な状態になる。それを原状回復させるのが、一般に特殊清掃人と呼ばれる人たちだ。長年、この仕事に従事し、昨年『事件現場清掃人 死と生を看取る者』(飛鳥新社)を上梓した高江洲(たかえす)敦氏に、孤独死した80代の女性について聞いた。

 ***

 一般的に誰にも看取られずひとりで亡くなることを孤独死という。だが、長い間特殊清掃に携わってきた高江洲氏に言わせれば、孤独死とは故人の死を誰ひとり偲ぶ人がいない状態のことだという。今回ご紹介するのは、その典型的なケースである。

「神奈川県にあるアパートの大家さんから依頼がありました。80代の女性がトイレの中で座ったままの状態で亡くなっていたそうです。死後2週間経って発見されたといいます」

 と語るのは、高江洲氏。

「ところが、この女性の遺族が見つからず、大家さんは困っているという話でした」

 高江洲氏は早速、現場へ出かけた。


■石膏のマリア像


「出迎えてくれた大家さんは、人当たりのいい優しい人でした。日頃からみかんやりんごなどを入れた袋をアパートの部屋のドアノブに掛けておくなど、住人に気をつかっていたそうです。ところが亡くなった女性からは、『そういうものはいらないからやめてほしい』と言われたこともあり、付き合いもほとんどなかったそうです。女性は、人との関わりを絶って生きていたようです」

 アパートの間取りは6畳と4畳半の2Kだった。

「玄関を開けると、すぐ右手にあるトイレから人間の腐敗臭が漂ってきました。トイレの床は、一面に体液が広がっていました」

 高江洲氏は、6畳の和室に通じる襖を開けた時、思わず「あっ」と声をあげたという。

「畳の上にマリア像が置いてあったのです。あたかも赤ん坊を見下ろすように、首を傾げていました。石膏で作られた白い像で、高さは40センチほどでした。そして壁にも、同じマリア像のポストカードが飾ってありました」

 部屋はきれいに整頓されてあったという。

「最小限の荷物しかなく、質素な暮らしぶりがうかがえました。マリア像があったのでクリスチャンかと思いましたが、聖書やキリスト教に関連する書籍や書類は一切ありませんでした。キリスト教に傾倒しているようには思えませんでした」

 高江洲氏は、改めてマリア像を見てみた。

■伊豆や箱根を転々


「女性が大家さんからの贈り物を断ったのは、お礼やお返しが面倒だったからでしょう。人とのコミュニケーションを完全に絶ち切って生きていたわけですからね、このマリア像は、彼女の唯一の心の拠り所だったと思いました」

 女性は20年以上このアパートに住み続けていたという。

「毎月の家賃は、亡くなるまで滞ったことは1度もなかったそうです。家賃は大家さんに直接手渡していたそうですが、その時大家さんはすぐに部屋に戻ろうとする女性を引き留めて、身の上話を聞いたことがあったといいます」

 大家の記憶によれば、

「10代で丁稚奉公に出され、女中として旅館に住み込みで働いていたそうです。結婚することもなく、長年伊豆や箱根の旅館を転々とし、定年になってからこのアパートに移り住んだということでした」

 清掃後、遺品の整理をしていると、現金が見つかったという。

「30万円ほどありました。通常、相続人がいなければ、遺産を国庫に納める手続きをします。しかしこの時、私は大家さんに『亡くなった女性は大家さんに迷惑をかけたくないと思ってお金を残していたのではないでしょうか。このお金は国庫に納めずに、大家さんが受け取るべきだと思います』と言ってお金を渡しました」

 現在、単独世帯数は全世帯数の27%。4世帯中1世帯がひとり暮らしという。「誰も偲ぶ人がいない」孤独死は今後も増える傾向にあるという。

デイリー新潮取材班

2021年5月28日 掲載

関連記事(外部サイト)