テルアビブ空港乱射事件から49年 元日本赤軍「岡本公三」容疑者の今

テルアビブ空港乱射事件から49年 元日本赤軍「岡本公三」容疑者の今

岡本公三(2000年10月5日)

■今もレバノン在住


 テルアビブ空港乱射事件は今から49年前の1972年5月30日に発生した。3人の日本人がイスラエルの空港で自動小銃を乱射し26人が死亡、73人が負傷した。まさに背筋も凍るようなテロ事件だ。(一部敬称略)

 ***

 来年は事件から50年の節目を迎える。60代以上の読者なら“光陰矢のごとし”の感慨を持つ方も少なくないだろう。

 この記事では、乱射事件の犯行グループのうちただ1人だけ生き残り、犯行後、イスラエルの警察に逮捕された岡本公三容疑者(73)の近況を伝える。警察庁が作成した「国際手配中の日本赤軍」というポスターで、岡本容疑者の写真を見た方もいるだろう。

 テルアビブ空港乱射事件で、日本の警察は岡本容疑者を殺人容疑などで国際手配を行っている。だが後述するように、岡本容疑者は事件後、イスラエルの警察に逮捕され、終身刑の判決が下った。

 日本赤軍は70年代に結成。74年から日本赤軍を自称し、テルアビブ空港乱射事件やダッカ日航機ハイジャック事件などを引き起こした。2001年に解散したことになっており、岡本容疑者の肩書を「元日本赤軍メンバー」と表記した記事も散見される。

 今回、岡本の支援活動に携わる映画監督の足立正生氏(82)に取材を依頼した。岡本容疑者は73歳という年齢もあり、健康状態が芳しくなかった時期もあったという。そもそも岡本容疑者はイスラエルで苛酷な拷問を受けた後遺症で、統合失調症になったことも明らかになっている。


■空港は地獄絵図


 足立監督のインタビュー内容をご紹介する前に、まずは乱射事件と岡本容疑者について説明しておこう。

 事件が起きたのは、イスラエルのロッド国際空港(現:ベン・グリオン国際空港)だった。関係者が言う。

「当時のロッド空港は、イスラエル空軍も使用していました。そのためテロ行為の目標に選ばれたようです」

 朝日新聞の縮刷版を見ると、5月31日の夕刊1面で事件を速報したことが分かる。1面で他に載っている記事は沖縄県知事選だけで、大ニュースとして報じたのが一目瞭然だ。

 見出しは「日本人ゲリラ3人が乱射 テルアビブ空港の待合室 死亡26 重軽傷72 犯人2人死に1人を逮捕」というものだった。1面の記事から一部をご紹介しよう。(註:以後、漢数字はアラビア数字に改める)

《パリ発ローマ経由のフランス航空機から降り立った男の3人組が国際空港待合室の群衆約300人に向けて自動小銃を乱射、さらに手投げ弾数発を投げ、空港は逃げまどう人々の悲鳴と流血で一瞬にして地獄絵図と化した》


■唯一の生き残り


《税関で自分たちの荷物からソ連製AK47自動小銃と手投げ弾を取出し、250人から300人の到着客や、空港係員に向かって小銃を乱射、次々と手投げ弾を投げつけた》

《自動小銃の乱射を浴びて約100人がばたばたと倒れ、あたりに血や、肉塊が飛び散り、逃げ惑う人たちで、空港は大混乱になった》

 犯行に及んだのは、奥平剛士 (当時27歳)、安田安之(当時25歳)、そして当時25歳だった岡本容疑者の3人だった。奥平と安田は京都大学工学部、岡本容疑者は鹿児島大学農学部に入学した。高等教育を受けていた日本人の男3人が残虐非道なテロ行為を実行したわけだ。

 奥平と安田は現場で死亡した。死因は主に射殺説と自爆説がある。イスラエル側の反撃が無差別で現場が混乱したとの指摘があるほか、安田の遺体は損傷が極めて激しかったことなどがあり、今に至るまで結論は出ていない。

 いずれにしても岡本容疑者だけが生き残り、イスラエルの警察に逮捕された。精巧な偽装パスポートを使っていたことなどから、生き残った男の素性はなかなか明らかにならなかった。朝日新聞が岡本容疑者の名前を報じたのは6月2日の朝刊。1面トップに「生き残り犯は鹿児島大生」との記事が掲載された。


■「できのいい兄弟」


 1面には《岡本の横顔》として、「兄の影響受ける 小柄で温厚な感じ 父は元小学校長」との記事がある。少し長くなるが引用させていただこう。

《長兄は京大を卒業し、東大文化人類学教室にいた当時、佐藤訪米阻止羽田闘争に加わった。「よど」ハイジャック事件を起こし、いま平壌にいる次兄の武(26)は熊本県一の進学校といわれる県立熊本高から京大》

 本題から逸れてしまうが、岡本容疑者の兄である岡本武は生きていれば今年76歳になる。記事にある通り、70年によど号ハイジャック事件を起こして北朝鮮に亡命した。

 だが80年代になると訪朝支援者にも姿を見せなくなった。88年に土砂崩れが原因で死亡したと90年代になって関係者が明かした。だが、脱北を図って失敗し、強制収容所に送られたとも言われる。朝日新聞の記事に戻ろう。

《公三は熊本市内の小中学校を経て、同市内のカトリック系私立熊本マリスト学園を卒業、2人の兄のあとを追って京大を狙った。しかし、失敗して二浪。予備校生活を京都市で送った。このとき実母をなくした。熊本の教員仲間では「できのいい兄弟」と評判だったが、長兄─次兄─公三と、京大に強く根を張る共産同(ブント)の思想的影響を受けた、とみられる》


■映画の影響


 岡本容疑者は京大を諦め、鹿児島大学の農学部に進む。鹿児島県警も「よど号メンバーの弟」であることを把握しており、「鹿児島大学では最もマークすべき学生」と見なしていたという。

 岡本容疑者に転機が訪れたのは71年。故・若松孝二氏(1936〜2012)と、先に触れた足立氏が共同で監督した、ドキュメンタリー映画「赤軍−PFLP・世界戦争宣言」が鹿児島大学で上映されたのだ。この作品は、若松監督と足立監督がレバノンのベイルートに向かい、アラブゲリラの日常を撮影したもので、現在でも“伝説的ドキュメンタリー”として知られている。

 岡本容疑者は、この映画に強く共鳴し、上映運動を展開する「赤バス隊」に参加。72年には日本を出国してベイルートに渡り、自動小銃の射撃訓練を受けた。

 こうした経緯から岡本はテルアビブ空港乱射事件に参加した。裁判の結果、終身刑が確定するが、85年にイスラエルとパレスチナ解放人民戦線総司令部の捕虜交換で釈放。レバノンに戻った。レバノン政府は政治亡命を認める決定を下している。

 レバノンでの生活が始まると、日本人も支援団体を結成し、足立監督も今に至るまで定期的に連絡を取り続けてきた。また岡本容疑者自身も、2000年にはテレビ朝日 、03年と16年には共同通信、そして17年には毎日新聞の取材に応じた。


■アラブの英雄


 それでは、足立監督のインタビュー内容をご紹介しよう。

「以前はスカイプで連絡を取り合っていたこともありましたが、最近は国際電話です。去年、公三さんが糖尿病を患ったことがあったんです。70代の糖尿病ということで、私も緊張した時期もありましたが、今はすっかり良くなりました。コーヒーの砂糖も禁止という徹底した食事療養が功を奏したんです」

 岡本容疑者が依然として“アラブの英雄”であることは間違いないという。

「現地の支援組織はパレスチナと、レバノンのものがあります。特にパレスチナ側が『岡本が死ぬまで面倒を見る』という姿勢を堅持しています。公三さんほど健康状態を入念にチェックされている人間は、世界広しといえども、そうはいないと思いますね」

 一方、統合失調症の治療については、現地の専門医から「病状の悪化を防ぐことはできても、完全に治ることはない」と釘を指されているという。

「イスラエルの拷問による心の傷は、僕らが治さなければならないと思っていた時期もありました。実際、日常生活では、病状が顔を覗かせることはありません。ただ、それこそ日本から取材の依頼があり、インタビューで当時のことを思い出したりすると、病状はすぐに悪化しました」


■ゴーン被告の密入国


 そうしたインタビュー記事に、岡本容疑者が「日本に帰りたい」と望郷の念を口にしたという記述が散見される。だが、足立監督によると、「半分は本当でも、半分は事実ではない」という。

「公三さんが帰国を願っているという報道は、確かに嘘ではありません。ただし、取材となると、記者の方が『日本に帰りたいですか?』と質問し、公三さんが『はい』と答えるということになります」

 足立監督が岡本容疑者と電話で話していると、望郷の念を語ることもあれば、「レバノンで死にたい。日本に帰っても収監されるだけだ」と口にすることもあるという。

「70代になっても帰国を巡って逡巡しているわけです。人間は二者択一の選択肢があった際、片方に即断するのは稀だと思います。どちらか決められずに迷うほうが、人間としてよほどリアルな姿ではないでしょうか」

 足立監督は最後に意外なエピソードも明かしてくれた。日産自動車元会長のカルロス・ゴーン被告(67)が2019年、母国のレバノンに密入国した際、岡本容疑者にも影響が及ぶのではないかと現地支援者の間で緊張が走ったという。


■「日本に帰ろうと思うな」


「もしゴーン被告の身柄が日本政府に引き渡されたら、その時に公三さんも一緒に日本へ送還されるのではないかとレバノンの支援者が憂慮したんですね。私のところにも『日本の動きを調べてほしい』と要望があったのですが、『今は静観しよう』と落ち着かせました。結局、もし公三さんの身柄を日本に引き渡そうとすれば、むしろ国内で激しい反対運動が起きてもおかしくないとレバノン政府は心配していたそうです」

 岡本容疑者はアラブ社会なら英雄でも、日本人にとっては卑劣なテロ行為に加担し、異国の地で老いさらばえていく殺人犯である。

「そうした毀誉褒貶を背負うことが、何よりも公三さんの人生で必要なことではないでしょうか。だから私は公三さんと話す時、何度も『日本に帰ろうなんて思うな』と忠告してきました。彼は英雄と殺人者という2つの相反する評価を背負いながら、パレスチナの革命戦士が眠る墓地に埋葬されるべきです。それでこそ公三さんは公三さんの人生を全うしたと言えるのではないでしょうか」

デイリー新潮取材班

2021年5月30日 掲載

関連記事(外部サイト)