コンパニオンの告白 コロナでイベントは激減、OL転職組もゼロからスタートの二重苦

新型コロナウイルスの拡散が止まる目処は立たず、東京都をふくむ地域で発令されている3度目の緊急事態宣言は、来月20日まで延長されることが決まった。集客型のイベントや展示会は、入場者5000人未満もしくは収容定員50%以下のいずれかの小さい方の基準を満たせば観客を入れて開催可能。とはいえ、中止や延期を決断するイベントは多い。

 しかも緊急事態宣言が明けたからといって、ワクチン接種が進んだわけではなく、すぐに客足が戻るわけではない。今秋に予定されていた東京モーターショーは67年の歴史上初となる中止を4月に決断。同じく秋に開催していた東京ゲームショウも、昨年に引き続きオンライン開催を決めており、他のイベントについても先行きは不透明だ。

「もう絶望です。私たちの仕事自体がコロナでこの世からなくなるのではと思ってしまいます」

 そう語るのはイベントコンパニオンとして活動する皆月沙耶さん(26)。コロナの影響により飲食店や宿泊業の危機は連日メディアで報じられるが、イベントに花を添える彼女のような存在もこのコロナで未曾有の危機を迎えている。

 もともとバレエダンサーだった皆月さんは、2017年末に「同じ人に見られる仕事」という共通点からイベントコンパニオンに転身。以後は専業でこの仕事をしてきた。

「月によってばらつきはありますが、週5日は仕事があり、月で25万円くらいは稼いでいました。繁忙期は2週間連勤もありましたし、月45万円もらえたことも。十分に生活できていました」(皆月さん)

 ただ笑顔で立っているだけと思われるかもしれないが、ブースに来てくれる人とどうコミュニケーションを取るかを常に考えるのがコンパニオンの仕事。皆月さんはそこにやり甲斐を感じ、クライアントからの信頼も積み重ねていた。しかし、新型コロナがその生活をすべて壊していった。

 予兆を感じたのは2020年2月末ごろだった。

「最初にキャンセルになったのは、その年の2月末に開催予定だった東京マラソン関連のイベントでした。そこから2カ月の間に、徐々に徐々に3月の仕事がキャンセルになっていき.……。精神的にきつかったです」(皆月さん)

 結局キャンセルになったイベント数は10。日数にして26日分の仕事が消えた。危機を感じた皆月さんは、3月のうちにカフェのアルバイトの面接を受け、アルバイトを始める。しかし4月7日、1回目の緊急事態宣言が発令されるとそのアルバイトもなくなってしまう。

 キャンセルでなにかしらの補償はなかったのだろうか。

「ちゃんとしたイベント事務所だと、直前キャンセルになった場合は50%のギャラが出るというポリシーがあるのですが、実際にもらえたのは1回だけです。あとのイベントは10〜20%もらえればいい方で、他はなし崩し的にもらえませんでした」(皆月さん)


■ギャラは1万円前後に


 5月25日に1度目の緊急事態宣言が解除されたが、仕事はすぐには戻らなかった。給付金に関する行政の仕事にスタッフをして関わり、なんとか生活していた皆月さんにコンパニオンの仕事が入ったのは10月になってから。待ちに待った仕事だったが、以前とは様子が違っていた。

「イベントコンパニオンの案件自体が本当に少なくなりましたし、展示イベントに出店する企業が減り、出店してもコンパニオンを使わないというブースが増えました。なので仕事の総量は例年の半分以下になりました」

 少ない仕事をコンパニオンたちが取り合うため、当然競争率は激しくなる。そうした状況はさらに彼女たちを苦しめた。

「激戦だし、みんな仕事がないのがわかっているから、コロナ前に比べてギャラがものすごく安くなっていたんです。コロナ前の展示会の相場は1日あたり1万4000円。それが1万円前後まで下がっていました」

 求人が少ない中、採用されるのはこれまで企業からの信頼を得てきたベテラン中心になっていった。

「毎週のように同じ顔ぶれが展示会場にいて『本当によく会うね』ってお互い言ってました。その裏には、緊急事態宣言でイベントコンパニオンを辞めた人が多かったというのもあると思います」(皆月さん)

■実際に転職した元コンパニオンは…


 緊急事態宣言によるキャンセルラッシュ。先の見えない不安から一般の仕事へと転職したイベントコンパニオンは少なくない。華月咲さん(29)もその一人だ。

 華月さんは緊急事態宣言前の昨年3月にいち早くコンパニオンを辞め、OLに転身した。

「2月の中旬ですでに仕事が少なくなっていき、コロナの足音が聞こえてきました。幕張メッセでイベントをやっていたとき、なんとなく人が少ないなと感じていて。本当は3月は28連勤だったんですが、それもなくなりました。そうした状況でしたし、もともとイベントコンパニオンの仕事は、人生経験を積むつもりでやっていたので……スパッと次の仕事に行こうと踏ん切りがつけられました。でもいろんな事情で決断できない子も多かったと思います」(華月さん)

 華月さんは28歳にして人生初の転職活動を行い、大手飲食チェーンの事務員に採用された。イベントコンパニオン時代よりも安定的に給料が出るOLに安心を感じる一方、転身の難しさも感じたという。

「それまでイベントコンパニオンとして培った経験ってOLでは全く活かせない。パソコンを使って仕事をしてきていないし、私たちの武器であるビジュアルも使えない。ゼロからのスタートが怖いというコンパニオンの子たちの意見はすごく聞きました」(華月さん)

 転職したことで、他のイベントコンパニオンからの相談をよく受けていたという華月さん。コンパニオン経験が長い人ほど、なかなか踏ん切りがつかなかったという。

「今も残ってる子はやっぱり日々の不安はもちろんあると思います、ただイベントコンパニオンを辞める人の割合はどんどん増えています。転職はもちろん、それこそ結婚したと報告してくる子も多かった。コロナが長引けば長引くほど、辞める子の数は増えていくと思います」(華月さん)


■今春のイベントで見た光景


 最初に登場した皆月さんは、そうした状況でもコンパニオンの仕事を続けていたわけである。だが、今年1月8日に2度目の緊急事態宣言が発令され、再び仕事を失ってしまう。これが明けた今年4月、幕張メッセで開かれたある展示会で、彼女は衝撃的な光景を見た。

「毎年、幕張メッセで開かれて本当にたくさんの来場者が来るイベントで、コンパニオンの募集もすごく多い。今年も採用されてブースにいたのですが、本当にお客さんが少なくて。見渡す限りコンパニオンとクライアントさんしかいない。そんな状態で3日間、過ごしました」

 そして4月25日、3度目となる緊急事態宣言。4月末に行われるはずだった展示会は、東京ビッグサイトが無観客でしか使えなくなったため、前日になって中止が決まった。オンラインで開催される展示会も増え、前述のとおり東京モーターショーも中止、東京ゲームショウも今年はオンライン開催になった。イベントコンパニオンが活躍する場はない。

 自身の仕事に誇りを持っている皆月さんだが、イベントコンパニオンが“絶滅”するのではという不安も抱えている。

「この仕事をできれば続けたい。ですが年齢的なリミットもあります。32歳まではやろうと思っていましたが、現在26歳。果たしてそこまでやれるのか。仕事はどんどん減ってますし、これからオンラインの需要が増えて、採用もどんどん減っていくと思うと不安です。やりたいという気持ちとは裏腹に、できないんだろうなという諦めもあります」(皆月さん)

 皆月さんがこのコロナで感じたこと。それはイベントコンパニオンという立場の弱さであり、日本におけるフリーであることの難しさだ。

「日本の政府も政治家も全員正社員を目指すのじゃなく、多様な働き方を認めようと言っています。その多様さの一つに私たちのようなフリー、個人事業主があると思うんです。けれど、いざ危機的状況になったら全然こちらを見てくれない。手を差し伸べてくれない。結局は正社員になるのが、立派な大人の姿なのかなとか思ってしまいます」(皆月さん)

 皆月さんの悲痛な思いは、イベントコンパニオンという職業だけのものではないだろう。

徳重龍徳(とくしげ・たつのり)
ライター。グラビア評論家。大学卒業後、東京スポーツ新聞社に入社。記者として年間100日以上グラビアアイドルを取材。2016年にウェブメディアに移籍し、著名人のインタビューを担当した。現在は退社し雑誌、ウェブで記事を執筆。個人ブログ「OUTCAST」も運営中。Twitter:@tatsunoritoku

デイリー新潮取材班編集

2021年5月30日 掲載

関連記事(外部サイト)