緊急事態宣言下の東京から山形や秋田に“越境飲み”に行く人の心理状態

都民の「越境飲み」が東北地方までに及ぶ? 福島県民も山形や秋田で「越境飲み」か

記事まとめ

  • 宣言発令中の東京都の飲食店ではアルコール提供の禁止が求められ、「越境飲み」も
  • 都民の「越境飲み」は埼玉県や千葉県を超えて、東北地方にまで及んでいるという
  • 大義名分が弱まると『理屈付け』が容易になり、正しくない行動を正当化してしまうそう

緊急事態宣言下の東京から山形や秋田に“越境飲み”に行く人の心理状態

緊急事態宣言下の東京から山形や秋田に“越境飲み”に行く人の心理状態

今や都民の「越境飲み」は埼玉県や千葉県を超え、東北地方にまで及んでいるという(※写真はイメージ)

■家飲みは嫌!


「越境飲み」という言葉が新聞記事でも使われるようになってきた。緊急事態宣言が発令されている東京都の飲食店では、基本的にアルコールの提供禁止が求められている。そのため酒類の提供が禁止されていない自治体へ、わざわざ出かけて飲むわけだ。

 ***

 新聞社やテレビ局などが、どんな風に「越境飲み」の言葉を使っているのか、一部の見出しから“用例”をご紹介しよう。

◆「禁酒逃れ、越境飲み急増 近隣地域、きょう酒類自粛要請」(産経新聞:4月28日)
◆「『まん延防止』拡大で飲食店は “越境飲み”は? 人出増も」(FNNプライムオンライン:4月28日)
◆「『飲みたい』都内から越境 酒提供の自粛要請、隣接の街は」(朝日新聞:4月30日)

 同様に「路上飲み」も社会問題となっている。こちらも見出しを紹介しておく。

◆「“路上飲みやめて” 都内繁華街のコンビニにポスター貼って呼びかけ 店内放送でも」(NHKニュース:5月1日)
◆「若者『路上飲み』まん延 『時短要請は茶番』 公園に響く笑い声 『屋外安心』誤解こそリスク 新型コロナ」(西日本新聞:5月1日)

「越境飲み」や「路上飲み」のSNS拡散などを調べたネット担当記者が言う。

「Twitterの場合、『今、越境飲みをしています』や『今、路上飲みしています』と“告白”しているツイートは少なくありません。ただ、意外なことに、炎上しているケースは見つけられませんでした。もちろん『そこまでして酒を飲みたいのか』と怒っている人も相当な数に上ります。『家で飲め』と書き込む人もかなり多いですね」


■スナックで怒鳴り声


 そこまでして外で飲みたいのか──呆れている人が多数派というわけだ。家で飲めば周囲の目に脅える必要もない。基本的には安上がりだし、終電も気にしなくていい。

 家飲みはいいことずくめのはずだが、今や都民の「越境飲み」は埼玉県や千葉県を超え、東北地方にまで及んでいるという。

 神奈川・埼玉・千葉の3県では、酒類提供の自粛を求めている自治体も少なくない。「越境飲み」をしたいのなら、遠出するしかない状況にはなっている。

 福島県で会社を経営している60代の男性は、出張で山形県を訪れたところ、わざわざ酒を飲みに来た“都民”に出くわしたという。

「山形県は感染者数が少なく、普通に飲み屋が営業している街もあります。地元を知る人と一緒にバーを目指して歩いていると、ガラの悪そうな男性2人がスナックから出てきたのです。そして、お店の人に向かって『二度とこんな店に来ねえぞ、田舎者!』と怒鳴っていたんです」

 眉をひそめて見ていると、2人が声をかけてきたという。


■コロナ感染が発生


「『この辺にどこかいい店がありませんか?』と訊いてきました。2人のうち1人は相当酔っていました。私は山形に出張で頻繁に訪れていますが、地元の人ほど飲み屋に詳しいわけではありません。答えに困っていると、男たちは自ら『東京では酒が飲めないから、山形まで来た』と話していました」(同・福島県の男性)

「本当に東京から来たのかな」と半信半疑だったが、後日、秋田県の在住者と雑談をしていると、「秋田県でも同じです」と言われたという。

「私の会社は秋田の金融機関とも取引があって、担当者と話す機会があったんです。山形でのエピソードを伝えると、『秋田にも東京の人がわざわざ酒を飲みに来ていますよ』と教えてくれました。確かに飲み屋街を歩いていると、福島でも山形でも『他県のお客さまはお断りします』と書いてある店が結構あるんですよ。やっぱり『越境飲み』で来る人が多いんでしょうね」

 しばらくして再び山形県の同じ街を訪れると、意外にも飲み屋街は閑散としていたという。

「特にスナックがどこも閉まっているんです。知っている居酒屋は開いていたので、そこで酒を飲みました。後でスナックの人に『近所でコロナ感染者が出たんだよ』と教えてくれました。そのために閉めた店が多かったんですね。あの東京の2人組が感染源かは分かりませんけれど、やっぱり東京の人は来てほしくないなと思ってしまいました」


■福島県民も越境飲み!?


「越境飲み」は緊急事態宣言が出ていない福島県民でも見られるという。

「地元福島の店なら遠慮なく飲めますけど、それでも飽きるみたいですね。しかし、東北本線を使って宮城県や岩手県に出ると、出張で来ている知り合いに鉢合わせてしまうかもしれない。緊急事態宣言が出ているわけではないので、移動の自粛は求められていません。それでも顔を見られるのは嫌みたいで、知人に会う可能性が低い山形県や秋田県に出るそうです。『旅の恥はかき捨て』と言いますけど、思いっきりハメを外したいんでしょう」

 この男性は「越境飲み」をしてしまう人々の気持ちは理解できると言う。

「ずっと家で飲むのは我慢できないという気持ちは分かります。私だって出張先で飲んでいるわけですしね。ただ、都民の方がわざわざ山形や秋田まで飲みに来たと聞くと、ぎょっとします。テレビで毎日、東京の感染者数を見ていますから、感染拡大が怖いと思ってしまいます」

 昨年、緊急事態宣言が発令された際、パチンコ愛好家の行動が“社会問題”となった。大多数のパチンコ店が営業を自粛する中、一部が開店を強行。すると隣県などから愛好家が殺到した。信じられない数の行列がテレビに映し出されたのは記憶に新しい。


■「習慣化」の功罪


 あの時は「ギャンブル依存」が問題となった。新潟青陵大学大学院の碓井真史教授(社会心理学)は、「『越境飲み』や『路上飲み』をしてしまう人は、アルコール依存とまでは言えないでしょう」と指摘する。

「アルコールに強く依存している人は、目を覚ますと酒を口にすることも珍しくありません。外出せず家で飲み続け、酒が切れると飲酒運転で買いに行って、警察に逮捕されるというケースは、地方都市で特に見られます。『越境飲み』や『路上飲み』をしてしまう人たちは、朝から酒を飲んでいるわけではありません」

 依存が原因ではないのなら、理由として何が考えられるのか。碓井教授は「習慣を禁じられても、人間は相当な苦痛を感じるものなのです」と言う。

「昨年の緊急事態宣言ではジョギングの自粛が求められました。ジョギングを趣味にしている人は、『出社前の早朝』とか『土日は自宅近くの河川敷』などと、走る日時や場所を習慣化させている人が珍しくありません。人間は習慣化されたことを繰り返すと、気分が良くなるのです」

 会社や学校に行くのが嫌だなと思うことは珍しくない。だが、毎日きちんと通勤や通学したほうが、最終的には気分が良くなるのも「習慣」の力だという。


■「大義名分」の効果


 越境飲みを報じるニュースを見て、「わざわざ他県に酒を飲みに行くなんて信じられない」と呆れるのが真っ当な反応だろう。とはいえ、ジョギングの自粛が求められた昨年、公園などを走っている人は少なくなかった。

「何かの理由で、都内で喫茶店の利用が自粛を求められたと仮定します。喫茶店でケーキを食べることが大好きで、それが習慣化している人は、こっそり他県の喫茶店へ向かうに違いありません。もちろん『越境飲み』や『路上飲み』が防疫上、問題のある行動なのは言うまでもありません。擁護するつもりは全くありませんが、『1日の終わりをスナックで飲んでストレスを発散する』という習慣は、なかなか止められないのが人間なのです」(同・碓井教授)

 失われた“習慣”を求めて東北に出かけたり、コンビニ前で酒を飲むというわけだ。更に緊急事態宣言における「大義名分」を感じにくくなっているという背景もあるようだ。

「『大義名分』は人間の心理や行動に強い影響を与えます。医師から『タバコを止めなさい』と言われても吸い続けた人が、孫娘から『止めて』と頼まれたら禁煙したという例は珍しくありません。自分の健康などどうでもいいと思っている人でも、『家族の助言には耳を傾けなければならない』という大義名分には従うわけです」(同・碓井教授)

 日本人は一丸となって新型コロナウイルスの感染予防を徹底しよう──昨年の緊急事態宣言が機能したのは、この大義名分を信じる人が多かったからだ。

「ところが、政府のコロナ対策に批判的な世論が多くなってくると、習慣を我慢できない人が増えていきます。大義名分が弱まると、『理屈付け』が容易になるからです。『オリンピックをやるんだから、路上で飲んだって平気だろう』、『山形で酒を飲めば、地元経済は潤うはずだ』と本来は正しくない行動を正当化してしまうわけです」(同・碓井教授)

デイリー新潮取材班

2021年6月1日 掲載

関連記事(外部サイト)