少女への性的虐待の実態 チェコの衝撃ドキュメンタリー「SNS-少女たちの10日間-」が暴いた現実

少女への性的虐待の実態 チェコの衝撃ドキュメンタリー「SNS-少女たちの10日間-」が暴いた現実

リアルに作られた「子供部屋」で……

 全国順次公開中のチェコのドキュメンタリー映画「SNS-少女たちの10日間-」は、SNSで繰り返されている少女たちへの性的虐待の様子を可視化し、当地の警察をも動かした問題作である。が、我が国では映画より巧妙な手口で、少女たちが被害に遭っている――。

 ***

「百聞は一見にしかず」という手垢のついたことわざ以外に、この映画に相応(ふさわ)しい言葉を思いつけない。何しろ、スクリーン上に描かれるのは「SNSの害悪」そのもの。理性のリミッターが外れてしまった男たちの醜悪な姿が、これでもかと映し出されるのだ。

 全国順次公開中のチェコの映画「SNS-少女たちの10日間-」。このドキュメンタリーの舞台は、巨大な撮影スタジオに設営された三つのリアルな子供部屋である。そこで12歳の少女になりきってパソコンの画面と向き合うのは、実際は18歳以上の幼い顔立ちの女優たち。偽のSNSアカウントを作成した彼女らと、接触してくる人物とのやり取りを撮影していく――という「社会実験」を進めるにあたって、監督たちはいくつかのルールを設けている。

・自分からは連絡しない

・12歳であることをハッキリ告げる

・誘惑や挑発はしない

・露骨な性的指示は断る

・何度も頼まれた時のみ裸の写真(偽の合成写真)を送る

・こちらから会う約束を持ちかけない

・撮影中は現場にいる精神科医や弁護士などに相談する

 万全なバックアップ態勢のもと、SNS上に登場した「12歳の少女」3人。結局、10日間で2458人もの成人がコンタクトしてきたが、彼女たちが自身の年齢を「12歳」と告げても、ほとんどの男は「気にしない」「関係ない」と意に介する様子はない。それどころか、「スカイプ」を通じて彼女たちとパソコンの画面越しに会話する男たちの多くは、カメラに写らないところで自慰行為に励んでいる。露出した自分の性器をいきなり画面越しに見せつけたり、性器の写真を一方的に送り付けたりする男も少なくない。SNSの闇世界がいかに“露出狂”で溢れているかがよく分かり、見る者をげんなりさせる。

 やりとりを続けるうちに「裸の写真」を送るよう要求してきて、実際に写真(偽の合成写真)を送信すると、それを勝手にSNS上にアップして脅し始める男も。相手が「子供」だからとなめてかかっているのか、欲望をむき出しにする男たちに警戒するそぶりは全く見えない。映画では、彼女らと男たちが街中で直接顔を合わせる場面も撮られている。その際、裸の写真を元に脅したことについて難詰された末、レモネードをぶっかけられた“恐喝男”は「仕方ない」と呟き、そそくさと店を後にする。そのシーンを見る限り、自分の行動が道を外れたものだという自覚はあるのかもしれない。


■実刑判決が下された


「今公開されているバージョンを見て下さった方から、登場する男性たちや、その行為がすごく気持ち悪いという声を多く頂いていますが、実はあれでも日本で独自にかなりモザイクをかけているのです」

 と、配給会社の担当者。

「チェコで公開されたバージョンそのままだと、日本ではR-18になってしまう。私たちとしては18歳未満、少なくとも高校生には見てもらいたいという希望があったので、R-15にもっていくため、日本の映倫の基準に沿って、独自にモザイクをかけたのです」

 この映画のパンフレットにコメントを寄せている、エッセイストの小島慶子氏は、

「印象的だったのは、加害男性の目と口にぼかしがかかっていなかったことです。顔全体を隠すと加害者の加害性が抽象化されてしまうと思うので、斬新かつ効果的な手法だと思います」

 とした上でこう評する。

「少女が性的に搾取される事件だと、それを報じる記事自体をポルノ的に読む人が出てきますが、この映画は被害者視点ではなく、実験を一緒に見届ける形式であるためか、ポルノ的な見方が全くできない。制作者サイドはその点をかなり意識したはずです」

 子役時代からネットで積極的に発信してきた“はるかぜちゃん”こと俳優の春名風花氏もパンフレットにコメントを寄せた一人だ。

「この映画で描かれている内容は、子供の頃からインターネットを使っているぼくにとっても想像以上でした」

 と、春名氏。

「映画に出てきた男の人たちは、幼い女の子相手に興奮しているわけではなく、幼い子供ならやられていることの意味が分からないので、騙しやすい、勢いで押し通せる、と分かっていてやっているんだろうな、と思いました」

 映画の制作者サイドは撮影が終わった後、その「実験結果」を警察に提出。捜査の結果、男たちが社会に「実在」する少女たちに対しても同様の違法行為をしていることが発覚し、逮捕者が続出した。

 この映画のエグゼクティブ・プロデューサー、チェコ人のパヴラ・クリメショヴァー氏が語る。

「結局、52人の男と1人の女に対する捜査が行われ、そのうち8件で実際に子供への性犯罪が認められました。映画に登場する、最もタチの悪い性的搾取者には、児童ポルノ所持などの罪で懲役2年の実刑判決が下されました。こうしたことは、我々の撮影結果が単なる偶然ではなく、実際に子供に被害が及んでいることを示しています」


■少女だと偽って…


 スクリーンの上で展開するおぞましい現実について、「日本には無縁の出来事」と捉える人はおそらくいまい。我々はこの映画と同様の事案が日々発生していることを知っている。最近数カ月という期間で絞ってみても、20代の男性会社員がSNSを通じて知り合った小学生の女子児童にわいせつな行為をした廉(かど)で捕まり、30代の男性派遣社員がSNSで知り合った女子中学生を自宅に連れ込んで未成年者誘拐容疑で逮捕されるなど、事件が続発しているのだ。

「日本においても、映画の中で描かれているようなネット上で完結する性被害は大変多いです。もちろん、好奇心から安易に誘いに乗ってしまうケースもありますが、予期しないうちに被害に巻き込まれることもあります」

 防犯アドバイザーの京師美佳氏はそう語る。

「具体的には、成人男性が少女だと偽って連絡してきて、『私は胸が小さいのが悩み。あなたの胸を見せてほしい』として小学生の女児に写真を送らせる。その後、写真の返却を求めたら成人男性本人が出てきて、写真をばらまかれたくなければ黙っているよう脅され、追加で写真を送ることを強要された、という事例がありました」

 ジャーナリストの石川結貴氏も、

「日本の場合、裸の自画撮り写真や動画を送らされる被害が多い。また、その手口は、この映画に登場する男たちより巧妙です」

 として、2016年に当時46歳の男が約1600人の少女たちとLINE上で「友だち」になり、約130人にわいせつ画像を送らせていたことが明らかになった事件に触れる。

「この事件の場合、LINEのID交換掲示板で、男がたった一人の女子中学生とLINE上の友だちになったことが発端でした。男はイケメンモデルの写真を使って大学生になりすまし、最初に知り合った女子中学生が入っている、部活やクラスのLINEグループに招待してもらう。さらに、そのグループにいる一人から別のグループに紹介してもらって、とネズミ算式にLINE上での友だちを増やしていったのです」

 LINEで繋がった見ず知らずの男に、自らの裸の写真をいとも簡単に送ってしまう少女たち。

「ほとんどの大人は、なぜそんな危ないことをと思うでしょうが、今の子供世代は、インスタグラムやティックトックなどで、スクール水着で踊る子の動画や写真など、自分と同年齢の子たちが投稿した動画や画像をいくらでも見ることができます。そんな環境にいれば、自分の画像を送るという行為に対する抵抗感が薄れるのは当然のことです」(同)

 もっとも、加害者側とていきなり「裸の画像を送れ」と言えば警戒心を持たれるのは分かっているから、段階を踏むことが少なくないという。

「一般的な手口だと、ペットを飼っているといった話題を出し、少女が“猫を飼っている”と明かすと、“猫の写真送って”と持ちかける。それが届くと、“次は猫と○○ちゃんが一緒に写っている写真が見たい”などと誘導し、本人の顔の写った写真を送らせるのです」

 と、石川氏。

「顔だけならいいかと思って送ってしまうと、今度は“超かわいいね”とか“好きになっちゃいそう”などと言って女の子の自尊心をくすぐる。12歳くらいだと、ちょうど恋愛や異性に興味が出てくる年代でもあります。そこでイケメンの大学生といった設定だと、恋愛までいかなくてもドキドキする。その気分の盛り上がりを利用するのです」

 そこまでの関係性が構築できたとしても、「裸の画像を送って」と直接的な依頼をすることはない。

「“今度の夏休みに海に行こうよ”と誘うなどして冗談っぽく“こんな水着を買った”と、半分尻が出ている写真を送り、“○○ちゃんもちょっとお尻が見えている写真送ってよ”などと言ってきわどい写真を送らせる。断ったとしても、“今までのやり取りをツイッターで公開するから”などと豹変し、脅して裸の画像を送らせたりします」(同)


■「リアル」に置き換える


 NPO法人「人身取引被害者サポートセンター ライトハウス」の相談員は次のように話す。

「すでに画像を送り、それによって脅されている状況だと、本当に子供たちは追い詰められてしまいます。送ってしまった自分が悪いと自分を責め、誰にも言えず追い込まれていく子が多いのです。そうした心理状態では、従うしかないんだと思わされてしまいます。そして、加害が続くことでどんどん傷が深くなるケースが多い。加害者は“送ったあなたが罰せられる”などと嘘を言って脅すこともあります」

 さらに、先の石川氏によるとこんなケースも。

「裸の写真を送ってしまい、ネットにばらまかれたくなかったら会いに来いと脅されて悩んでいるところに、“私もあいつにひどい目にあわされた。相談に乗らせて”という女性から連絡が来て、会いに行くと、そこにいたのは当の脅してきていた男性。構造としては振り込め詐欺と同じで、何役かを一人でやるわけです」

 映画の男たちはケダモノとしての素顔を隠さずに少女に接近していたが、我が国ではケダモノの本性を隠した「なりすまし」による性被害が多いわけである。

「女児に性的暴行をして逮捕された、ある被告男性は、それ以外でもマッチングアプリでシングルマザーと知り合っていた。そして、彼女と親しくなった後、子供を預かるなどといって8歳と4歳の姉妹にわいせつな行為をしていました」(フリーライターの高橋ユキ氏)

 ここまでくると相手方の「真意」を見抜くのは不可能と言えよう。となれば、ケダモノがうようよしている異様な世界と子供たちを繋げてしまうSNSやアプリを“遮断”するしか方法はないように思えるが、認定NPO法人「3keys」代表理事の森山誉恵氏はこう語る。

「SNSを禁止するのでは、根本的な解決にならないばかりか、家庭にも学校にも居場所がない子供の場合、絶望が増すだけ。そうした子供にとってSNSは今では唯一の逃げ場ですから、代わりを用意せずにそれを奪うのはかなり残酷です」

 では、被害を防ぐにはどうすればよいのか。

「子供たちに危険性を知ってもらうしかないと思います。実際チェコではこの映画の“エデュケーションバージョン”を作り、12歳前後の世代に見てもらうという取り組みが教育現場で行われています」(前出の配給会社の担当者)

 石川氏は、

「問題は、親の多くが無知ということです。性被害なんてちょっと別の世界のようだと感じていたり、特に根拠もなく、うちの子は平気、と考えている親がとても多いのです」

 と、世の“親たち”に苦言を呈した上でこう話す。

「子供を諭す際、『リアル』に置き換えて説明するのは有効だと感じています。繁華街などで知らないおじさんとかたくさんの人に自分の写真をばらまくのってどう思う?と聞くと、子供は“絶対に嫌”と言う。“自分のアカウントなどで安易に顔写真をさらすのは、街中で写真をばらまくのと変わらないんだよ”と言うと皆、理解するのです」

 映画では子供たちと「話し合う」ことを勧めていたが、子供への話し方には工夫が求められそうである。

(C)2020 Hypermarket Film, Czech Television, Peter Kerekes, Radio and Television of Slovakia, Helium Film All Rights Reserved.

「週刊新潮」2021年5月27日号 掲載

関連記事(外部サイト)