大分で起きた“村八分”事件 被害者が語る“集落の人達がやった嫌がらせ”の中身

「村八分にされた」と訴えた被害者が、帽子をズタズタに切られるなどの被害を明かす

記事まとめ

  • 男性が『村八分』を訴えた裁判の判決があり、被告3人に計143万円の支払いを命じた
  • 集落の人間と仲良くしていたが、制度について質問してから村八分が始まったという
  • 猪除けのネットが切られたり、柿の木にコールタールを塗られたと男性は話している

大分で起きた“村八分”事件 被害者が語る“集落の人達がやった嫌がらせ”の中身

大分で起きた“村八分”事件 被害者が語る“集落の人達がやった嫌がらせ”の中身

イノシシ除けの網が切られている

 5月25日、大分県宇佐市の山里にUターンした亀山義勝氏(72)=仮名=が8年間“村八分”にされたとして訴えていた裁判の判決が大分地裁中津支部であり、被告3人に計143万円の支払いを命じた。今どき、なかなか聞かない“村八分”の中身とは?

 ***

 亀山氏が「村八分にされた」として宇佐市と自治会の元区長3人を提訴したのは2018年10月のこと。精神的な苦痛を受けたとして、計330万円の損害賠償を求めたが、判決では自治会の元区長3人に約110万円の賠償を命じ、そのうちの1人に対して、亀山氏の通行を妨げる嫌がらせをしたとして、さらに33万円の支払いを命じた。ただし、自治区長は市の被雇用者に当たらないとして、市への請求は棄却された。

 亀山氏は宇佐市出身。兵庫県で公務員として働いた後、2009年5月、定年退職を機に兵庫に妻を残し、母親の介護のために単身で実家に戻った。

“村八分騒動”が起こったのは、宇佐市内を通る国道387号線沿いの山裾にある、民家わずか14戸という小さな集落だった。


■中山間制度がきっかけ


「最初は、集落のみなさんと仲良くやっていたんですけどね」

 と振り返るのは、亀山氏。

 亀山氏の母親が亡くなったのは2011年12月。翌12年4月の自治区の会合で亀山氏は、母の後を継いで自治区に加わりたいと申し出ると、その場で加入が認められた。集落の長老も当初は、喜んでいたそうだ。ところが、

「2013年3月のことでした。たまたま、集落で中山間地制度に関する会合があったことを知りました。そこで私は、当時の区長に『昨日の会合はどういうものだったんですか?』と尋ねました。ところが、『あなたには関係ないことだから』と言って何も教えてくれません。『どういう制度なのか』と聞いても、あやふやな答えをするだけでした」

 亀山氏は、中山間制度がどんなものか調べてみた。市役所にも問い合わせたという。これが集落の人たちの気に障ったようだ。中山間制度とは、

「正式には中山間地域等直接支払制度といって、国が行っている農業政策の一つなんです」

 高齢化が進む集落などで農業を維持するために、国から補助金が支払われるという制度だ。農作業に関わる人がグループを作り、国に申請。亀山さんの集落が所属しているグループには年間約300万円が交付され、半分はグループが共有で使用、残る半分は耕作地の広さに応じて個々に支払われる。

「1反につき2万1000円の交付金が支給されます。私の所有する畑は3反でしたから、年に6万3000円支給されるはずでした」

 亀山氏の母親は、2010年まで自身の畑を知人に貸していたため、交付金は知人に支給されていた。ところが、11年から自分で耕作することにしたのに、交付金は依然として知人に支払われていたという。不審に思った亀山氏は、市に説明を求めた。


■関係者以外立入禁止


「そこで、中山間制度のメンバーと話し合いの場をもうけました。そこには私の知らない人間(役所の立会人)が何人も来ましたが、議長役が中山間制度の代表者にされてしまったのです。これじゃあ公正な話し合いはできません。結局、物別れで終わりました。私は別に交付金がほしかったわけではありません。この制度がしっかり運用されているのか、確かめたかっただけなんです」

 すると、2013年の4月7日の集落の会合で、亀山氏は自治区のメンバーから外され、村八分が始まったという。

「今まで仲良くしていた人でも、『話をすると怒られちゃうから』と言われて話をしてくれなくなり、挨拶をしても無視されるようになりました。市報も配られなくなりました。ある日、いつも被っていた帽子をどこかに忘れてしまい、ようやく見つけたと思ったら、ハサミか刃物でズタズタに切られていました」

 自宅の庭のまわりに張り巡らしたイノシシ除けのネットが切られることも。

「柿の木も20カ所も傷をつけられ、コールタールが塗られていました。そのため枯れてしまいました」

 2016年11月には、きわめて陰湿な嫌がらせがあった。

「私の畑に続く道の中央に赤ペンキで線を引き、左側に『私道』、右側に『市道』と書かれました。そんなこと書かれたら、車は走れません。また、畑へ通じる道に『進入禁止』と書かれたコーンが置いてあることもありました」

 これが判決にあった、亀山氏の“通行を妨げる”嫌がらせである。

 さらに、亀山氏は馴染みの商店主から、「もう店に来ないで」と言われた。その直後、商店の店頭には『関係者以外立入禁止』の紙が張られたという。

 2017年11月、亀山氏の申し立てを受けた大分県弁護士会が「人権侵害」を理由に、自治会に対して是正を勧告した。ところが自治会が無視したことから、2018年に提訴したという。元区長らの訴訟費用として、他の住民たちは1世帯10万円を出し合ったという。

「昨年11月に原告と被告の証人尋問が行われた後、裁判官が和解案を出してきたのです。私は、元区長らが謝罪してくれたら応じますと答えました。ところが被告側から謝罪はしないと言われました。それどころか、私が謝罪したら和解すると主張するので、判決を出してもらったわけです。今回の判決で、自分は間違ってなかったことが認められて満足しています。控訴されても、最期まで戦うつもりです。私はここを出ていくつもりはありません。出て行ったら私の負けですからね」

「今も集落の人に会って気まずい思いをするのが嫌だから、朝早くから家を出て、ドライブしたり遠くの図書館に行ったりしています。そして、日が暮れたら帰って来るという生活です。これなら集落の人と顔を合わすこともありませんからね」

デイリー新潮取材班

2021年6月2日 掲載

関連記事(外部サイト)