「立川ホテル男女殺傷事件」で19歳少年が逮捕 被害女性がした「盗撮通報」の意味は?

「立川ホテル男女殺傷事件」で19歳少年が逮捕 被害女性がした「盗撮通報」の意味は?

2人死傷 女性70カ所刺される

「立川ホテル男女殺傷事件」で19歳少年が逮捕 被害女性がした「盗撮通報」の意味は?

現場となった東京都立川市のホテル(googleストリートビューより)

 東京都・立川市のホテルで、派遣型性風俗店に勤務する31歳の女性従業員と25歳の男性従業員が包丁で刺され、女性が死亡し、男性が意識不明の重体になっている事件で、逃走していた容疑者が逮捕された。東京都あきるの市に住む19歳の少年だった。少年は女性の胸を集中的に狙い、70回もメッタ刺ししていた。ホテル室内から女性が店に電話した際の「盗撮です」という訴えは、店舗内で使われていた「SOS」の隠語だった可能性があるという。

 ***


■パンツ一枚の姿で見つかった女性


 事件が起きたのは、6月1日午後3時45分ころ。JR立川駅から徒歩5分の繁華街にあるホテル内から、「刺された。助けて。死にたくない」という男性からの119番通報が入った。

 救急と警察が駆けつけた際、廊下には通報した男性が倒れており、すぐ近くの室内のベッドの脇には、女性が下着だけを身につけた状態で発見された。二人とも病院に搬送されたが、女性は搬送中に死亡が確認され、男性は意識不明の状態が続いているという。

「女性は胸が中心に狙われ、70カ所も刺されていました。男性の方は腹部に一カ所だけだったが、腸に至るまで深く刺されており、予断を許さない状況です」(警視庁関係者)

 31歳の被害女性は、派遣型風俗店に勤務しており、刺された男性はその従業員だった。ホテルの二軒隣には、複数の風俗店が入居するビルがあり、二人はその中の店舗に勤務していたという情報もある。

「まず午後3時半前に少年が現場ホテルに入室。まもなくして女性がやってきました。少年は女性をネットの写真を見て指名したというが、店を利用するのは初めてだった。女性は半裸の状態で見つかったが、室内でサービスが始まっていたかはわからない。女性が入室してまもなく、女性から店に『盗撮です。すぐに来てください』と電話があったので、電話を取った従業員とは別の男性従業員がホテルに駆けつけた。男性は、室内から出てきた少年と鉢合わせ、包丁で襲われた」(同)


■本当に「盗撮目的」だったのか……


 この盗撮の通報については、店で使われていた「SOS」の隠語だったのではないかという説も出ている。

「盗撮がバレたから、包丁で70回も刺して逃走するというのも変な話。派遣型の風俗店で働く女性は、店舗から離れたところで、密室内で客と一対一の接客をしなければなりません。危険を察知した場合、連絡を入れ従業員に急行してもらえるような隠語が決められていることが多い。今回の場合、『盗撮』というのは『危険な状態にある』というメッセージだったのではないか」(同)

 少年は凶器の包丁を廊下の壁に刺して逃走。立川駅まで徒歩で逃げた後、電車でJR拝島駅まで移動し、そこから原付バイクで走り去った。防犯カメラにはその一部始終が残っており、逮捕は時間の問題であった。

「警視庁の捜査員は、2日午前に、羽村市内をバイクで走行していた少年を発見。すぐさま尾行し、土手のようなところでバイクを降りたタイミングで話しかけた。『何をしているんですか』と捜査員が聞くと、男は『ツーリングをしています』と答えた。そのまま任意同行され、男性への殺人未遂容疑で逮捕されました。その後の取り調べに『間違いありません』と犯行を認めている。今後、女性への殺人容疑でも再逮捕する方針。両手には犯行の際に出来たと思われる傷があり、トイレットペーパーや絆創膏で手当てしていた」(同)

 被害女性のものとみられるfacebookには、2014年で更新が止まっているが、飼っている愛犬と戯れたり、誕生日を友人たちに祝ってもらう様子の写真が投稿されていた。またしても起きてしまった未成年による凶悪事件。動機の解明が待たれる。

デイリー新潮取材班

2021年6月2日 掲載

関連記事(外部サイト)